スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
家族旅行
ラッシュを避け、朝早くに自宅を出ました。
両親が弟と同居することになり、私の実家は福岡県から愛知
県へ。今回は、旦那が出張中に実家に帰省。
愛知県知多方面へと旅行に行きました。

c-1

新美南吉と聞いてピンとくる方もいらっしゃるだろうけど、「誰
だろう…」と思われる方は、この絵本を見たら思い出されるの
ではないでしょうか。



著者、新美南吉は半田町(現在の半田市)で誕生し、幼い
頃に母を亡くし、継母を迎えた後に実母方に養子に出され
る寂しい幼少期を過ごしています。
中学に入ってから、童話などを書き始めその後も教職につ
くなどしながら、命を削るように執筆活動を続け、わずか29
歳という若さで結核のため、亡くなります。

彼の生涯と作品をジオラマで紹介するというこじんまりとし
た記念館ですが、教職やふるさとが彼の作品に影響してい
るということを感じました。
敷地内にはこんもりとした、林があり今にもきつねが顔を覗
かせそうです。

c-2

山桃の実がたくさんついていました。
黒くなるまで熟したら、食べごろだそうです。

私が旅行するときは、必ずその土地に縁のある博物館や
美術館、資料館などに行くということを知って、父が調べて
いてくれました。
自分の幼い頃の思い出と、少し年上だった新美南吉の幼
少期の資料とを、話してくれながらのゆっくりとした見学で
した。

more…
スポンサーサイト
【2009/06/22 00:44】 Diary | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |

calender

05 | 2009/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。