スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Client


ISBN:9780440213529 YL7.5 140,000words

Markは母親と弟とトレーラーで暮らしている。
ある日、煙草を森の中で吸っていてマフィアの弁護士の
自殺に遭遇してしまう。車の中でMarkはこの弁護士から
ある重大なことを聞いてしまう。
一瞬の恐怖で弟は精神的ショックを受けて病院に入院し、
この弁護士が生きている最後にあったMarkに警察やFBIは
興味をもつ。が、身の危険を感じるMarkは証言を拒み、
弁護士に弁護を依頼する。
映画「依頼人」の原作。原作者ジョン・グリシャムの映画化
されている作品の中で一番多く見ています。
映画以上に原作を堪能できて、また初ジョン・グリシャム
作品を読了できて満ち足りています。

主人公MarkはFBIに証言を求められ、マフィアには脅迫され
弟と母親との三人の生活を守らなければならないと窮地に
立たされて女性弁護士Reggie Loveに弁護を依頼します。

11歳の少年の時折見せる奔放さと子供らしさや不安定さ、
優しさはさすが、原作で映画以上に細やか描写されていて
とても面白いです。映画ではどちらかというとムチャをす
る少年という印象が残っていて、原作は弱々しい部分や可
愛らしい部分が印象に残りました。
文中ではMarkや一家のことやReggieの過去なども触れられ
ていて、それぞれの登場人物の絶望と再生への道が描かれ
ています。
執拗にMarkに証言を求めるFBIに対するLeggieの姿勢も読者
の気持ちをすっきりさせてくれるでしょう。

GR(Penguin Readers)にはリトールド版があります。


YL4.0 12,000words

実は先日、とある書店で会社員の男性が色々な出版社の
GRを手に取ってはどれを買おうかと迷われていました。
レベルを確認されている様子・・・・そう、出版社によって違う
ので途中で混乱したのでしょう。
一旦、慣れてしまったらわかりやすいそれぞれの出版社の
特徴も最初は非常にわかりづらいものがあります。
ラダーを取らずに積極的にPenguinやOXFORDを手にしてい
たのに、結局全てを書棚に戻して一冊も買わずに去ってい
かれました。
横にいた私はORTを手にぽつねんとその姿を見送りました。
本当は「お手伝いしましょうか~」と声をかけたかった!
でも大きなお世話だ!と叱られたら怖いよ~と怯みました。

書店の方にお願いしたいのです!
せっかくたくさんの洋書を置いているのです。内容も知り
たいけど、GRや児童書にはYLなどのレベルが分かるように
なっていると買いやすいと思うのですが、無責任な意見に
なるので大きな声では言えません(^_^;)
【2007/07/11 23:54】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(9) |
<<In the Garden ~ORT stage6~ | ホーム | Now and Zen>>
comments
--雫さん、こんにちはー!--
「The Client」、私の憧れ本の一冊です。
そのためにまだ映画を見ていないんです。
たしか洋書を原作で読んでいるという児玉清さんもJohn Grishamがお好きだとか…
英語はどんな風でしたか?
レベル8でくじけてしまったばかりなので、もうしばらくはお預けかなー?
【2007/07/12 12:57】 URL | 美野里 #GaenHm5U[ 編集] |
----
 雫さん、こんばんは。
 私はGRを読んで、どうしても原作が読みたくなったので、グッと首をのばしてキリン読みしました。面白かったですねぇ(^^)/
 GRもけっこう出来はいいと思いますが、原作を読んでみて、「なるほど、そういうことやったんや!」と納得するところもたくさんありました。
 そのうち映画を探してみてみたいと思います。
【2007/07/12 19:18】 URL | ナビィ #-[ 編集] |
--こんばんは(*´∇`*)--
☆彡美野里さんへ
"The Client"は子供が主人公ということもあり、またあまり残虐なシーンがないことから読みやすい本だと思います。英語は確かに難しい言葉もありますが、それをフォローできるだけの文章でもあります。
YLは7.5ですが、それ以上ということは決してありませんよー。

☆彡ナビィさんへ
Penguinのリトールド(ミセスダウトとETです)が嫌いになったことがGR離れの原因だったのですが、この"The Client"は気になっていました。
原作はやっぱり面白いですね!映画も好きですが細かい部分がしっかり書かれているだけあって、満腹になりました。Reggieはスーザン・サランドンですが、私はピッタリの配役だと思います♪
【2007/07/12 21:15】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--はじめまして--
時々こちらのお部屋を拝見させて頂いていました。
これまでは、英会話を中心にやってきていたのですが、2ヶ月程前から「読む」楽しさに目覚め、GRは一度も読んだことも無く、一般の児童書から読み始め、そろそろ大人向けを読みたいと思い、探していましたら、この本が目に留まり、大変興味をそそられ読んでみたくなりました。また立ち寄らせていただきます。
【2007/07/13 00:04】 URL | こつぶ #-[ 編集] |
--こつぶさんへ--
こんばんは!ようこそお越し下さいました(*´∇`*)
「読む」楽しさを味わえたとのこと、私まで嬉しくなります。英会話にも役立つと思うので、続けて下さいね。
"The Client"はジョン・グリシャムの作品の中でも読みやすいと予想しています。児童書ではなくても子供が登場するものは比較的読みやです。色々とチェックしてみて下さいね!
【2007/07/13 23:11】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
雫さん、おかえりなさい!
The Client、読み終えられたのですね。速いですねー!
この作品、私も大好きです。ミステリのハラハラドキドキの展開が楽しめるだけでなく、登場人物がそれぞれ魅力的に描かれていて、読後感がとても爽やかな名作だ、と感動したのを覚えています。
映画も良かったですね。スーザン・サランドンがはまり役だ!と思いました。
【2007/07/14 00:08】 URL | ももしっぽ #-[ 編集] |
--ももしっぽさんへ--
おはようございます!
悲しみがなくなったかと言えば、決してそうではないのですが、少し元気になりました。
暖かいメッセージをどうもありがとうございました。

"The Client"は面白くてどんどん読んでしまいました。
面白い本はどんどん読めますが、時間に限りがあるし眠くなるし大変です(笑)
映画もスーザン・サランドンはピッタリですね。他の女優では思い浮かびません。今度は字幕なしで見たら少しは分かるかしら・・・などと考えています♪
【2007/07/14 08:41】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--グリシャムは目標本!--
 雫さん、お久しぶりです。

 グリシャムは、"Street Lawyer"と雫さんに教えていただいた"Skipping Chirstmas"を読んだことがあります。

 グリシャム原作のビデオやDVDも"A Time To Kill"や"Pelican Brief"を持っています。"Pelican Brief"はPBも持っていますが、いつ読めることかと思います。
【2007/07/15 22:23】 URL | ジェミニ #EZRLQBOE[ 編集] |
--ジェミニさんへ--
こんばんは!お久しぶりです(*´∇`*)
そうだった・・・私はグリシャムの"Skippinh Christmas"を読んでいたんだった~(笑)
とは言え、ミステリーが本家本元。今回は堪能しました!"Street Lawyar"は難しくありませんでしたか?ジェミニさんなら"The Client"なら大丈夫です!
ペリカンも好きです。映画も何度見ても飽きません。
私も原書を読んでみたいです♪
【2007/07/17 18:20】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1009-5c05419f
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。