スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Pooh Invents A New Game


ISBN:1405210331 YL3.0~3.5 975words

ある日、Poohはまつぼっくりを橋の上で落としてしまう。
川を流れていくまつぼっくりを見て面白いと思ったPooh。
そして新しい遊びができた。
ある日"Poohsticks"をしていて遊んでいると川からグレー
の何かが流れてきた。

Pooh、侮ることなかれ。

私の場合、ディズニーの創りあげた「プーさん」にいつの
まにか影響されていたのですが・・・原書のイメージは全く
違うものでした。自分でも差別化するためにPoohとプーさ
んという言葉で使い分けています。
子供が好きなプーさんなら英語もやさしいだろうと思うと
これが痛い目にあう、要注意の本です。
原書は"Winnie-the-Pooh"しか読んでいませんが、これが
また難しいなぁと思っていたので絵本は比較的やさしく書
かれている印象を受けました。でも絵本もやさしくはない
と思います。
多読で言えばYL3.0ぐらいまでGRばかりを読んだ人には難
しいでしょう。絵本をどっちゃりYL関係なくやさしいもの
を読んだ人はGRばかり読んでいた人よりも読みやすいと思
います。
また"Pooh Invents a new Game"の原書の語数を見ても少し
この絵本はやさしく書かれているのかな。



このPoohsticksのゲームは実際にOxfordshireで行われて
いてイギリスのみならず世界中からも参加者がいるとのこ
と。以前にニュースでも見ましたが、盛り上がりとのんび
りさが入り混じったユニークな大会でした。

ふふふ・・・このPooh絵本はまだまだ手元にあるので楽しみ
なのです(*´∇`*)
【2007/10/26 06:41】 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<The Breadwinner | ホーム | Click,Clack,abc>>
comments
----
こんにちは。けんじと申します。

素敵なブログですね。
学生時代にむさぼるように洋書を読んだのを思い出しました。

よろしければ相互リンクをお願いできますか。
一緒にがんばっていけたらなと思っています。

こちらでございます。
<small> <a href=" http://sureyoucan.seesaa.net/" ; target="_blank"> http://sureyoucan.seesaa.net/< ;/a></small>

とりあえず私の方ではリンクさせていただきました。
【2007/10/26 21:26】 URL | けんじ #-[ 編集] |
----
雫さん、

私もPoohの本が好きです。なんともなつかしくて、特に、最後の章は読むたびに、ツンと胸につまるものがあります。このゲームをやった橋は今でも当時の風情を保って残っていて、たくさんの家族連れがぶらぶらと森を抜けて、遊びにきます。 100エーカーの森をそのまま残してきたイギリス人の気質を、すごいな、と思います。
ところで、A Thousand Splendid Sunsを読みました♪ 私も雫さんみたいに、途中でやめられなくなりました。そのうちに、感想を書こうと思います。 紹介してくださってありがとうございました!
【2007/10/31 19:00】 URL | Dill #-[ 編集] |
--けんじさんへ--
初めまして!ようこそ・・・と言っても最近は更新がまばらになっていて恐縮しております。
けんじさんも洋書を読まれていたのですね。最近はいかがでしょう。もしも面白かった本があったら教えて下さいね。あまり難しいものは読めませんが(・_・;)
けんじさんのURLはエラーが出てしまうようです。
相互リンクは今、自分が毎日のように更新ができないので迷っています。勝手を言うようで申し訳ございませんが、少し様子を見させてくださいね。
【2007/11/01 18:11】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--Dillさんへ--
こんばんは!Pooh本、私もプーさんのイメージのままだったら絵本を買い揃えたりしなかったと思います。
このお話も最後がとても好きです。うん、うん、それでいんだよねーなんて思って。大人の方が人間関係、あれこれ自分たちでややこしくしているのかなぁと考えて見たり。
今でも橋の上から枝を落として遊ぶなんて素敵です。
そのままの森というのもこの目で見てみたいです。
"A Thousand Splendid Suns"、読了されたのですね!
Dillさんの感想がお聞きしたいです。一冊の本でも読む人によって色々な感想があるので、それも読書の楽しみの一つですよね(*´∇`*)
【2007/11/01 18:15】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1038-51e101c7
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。