スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Christmas in Noisy Village


ISBN:9780140503449 YL2.5 1,123words

「やかまし村」にクリスマスがやってくる。
クリスマスまでの3日間、色々な準備をしながらそれを
楽しむ子供達の物語。
読むにはまだ早いと思いつつ、あればやっぱり開いてしま
うのが楽しいChristmas絵本。
まぁもう少しで12月。街中も少しずつChristmasの飾付け
が見られるから良いでしょう。

この絵本から想像するもの・・・・
雪の白さ
吐く息の白さ
暖炉のための薪の香り
暖かい室内に漂うごちそうの香り
毛糸の暖かさ

寒さ厳しい国で暮らす人々の冬の生活を想像しています。
そしてChristmasを迎える子供達のワクワクした気持ちも
伝わってきます。
私は自分で仏教徒だと思っているので、どちらかというと
大晦日の鐘の音の方がしっくりきますが、Christmasも日本
のイベント化してしまったそれとは違い、1年を、家族や親
しい親戚や友達で祝う気持ちは同じような気がします。

Ilon Wiklandの挿絵も1964年出版で少し時を感じて素敵な
のです。子供達が着ているざっくりセーターなんてお母さ
んの手編みなんだろなーなんて思ったりして。
最近、日本では「昭和」がブームになっているようですが、
洋書絵本で1950~60年代の挿絵が私は一番好きです。

本格的な冬がやってきました。
暖かい物語で心もポカポカ(*´∇`*)
【2007/11/17 16:14】 絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Blue Screen | ホーム | Thursdays at Eight>>
comments
----
雫さん、
私もやかまし村のシリーズが大好きです。北欧の村ってこんな生活なのね、と素朴で暖かい暮らしにあこがれて読みました。 あまり好きだったので、ペーパーバックのお話の方を、友達に配ったほどでした。
そうですよね、この絵本のイラストって素敵ですよね。そう言えば私も、古めの絵本が好きです。
私もこの絵本をもう一度読みたくなりました。どっかにあるはずなので、探してみます。
【2007/11/17 22:13】 URL | Dill #-[ 編集] |
--Dillさんへ--
おはようございます(*´∇`*)
北欧の生活に新鮮さも感じるのですがどこか日本と同じ空気も感じるのです。
イギリスやアメリカなど洋書でよく見かける国よりも親しみを感じます。
DillさんはPBをお友達にもお勧めされているのですね!
私もPBから読もうか迷ったのですが、あまりにも気になって絵本からにしました。
イラストも素敵です。寒くて日照時間が少ない北欧の子供達が着ているセーターの色でさえ、自分達を元気にするためかしらなどと想像します。
ぜひ、探し出してみてくださいねー!
【2007/11/18 09:52】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1042-2065c3ba
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。