スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
George's Secret Key to the Universe


ISBN:9780385611817 YL4.5 62,160words

Georgeは隣に越してきた科学者Ericと娘のAnnieに出会う。
科学者のEricはCosmosという凄いコンピューターを持って
いて、Georgeに宇宙の世界を見せてくれる。

"Rocket Boys"普及委員会会員を自ら名乗る私ですが、科学
はどちらかというと苦手な分野です。
苦手だからといって宇宙の話が嫌いというわけではありません。
科学者たちの挑戦や夢、目標という物語は自分にはない世界
だけにとても興味をかき立てられます。
そう、ここにはたくさんの想像の余地があります。
知っていることをより詳しく深くしることができるのも嬉しいもの
ですが、ちょっとしたきっかけで知らないことを知ることの方が
ワクワクするものです。

少年、Georgeの両親は地球を守るためにエコ生活をおくって
います。家にはパソコンはないし、テレビもなく食事も家庭菜
園でできたものばかり。学校の友達と共通の話題もこれでは
ありません。同世代の子供達に溶け込めない少年です。
そんな彼がお隣に越してきた父娘と出会ったことにより宇宙
への冒険へと物語は展開します。
Georgeは自分の知的好奇心を押さえることができません。
彼のドキドキワクワク、そして無限と思えるものへの畏れを一
緒に感じることができます。
一方、エコ生活を送る両親と知的好奇心を押さえることができ
ない自分の考えが合わず、どんどん両親との間に溝ができま
す。さりげなく書かれていますが、こういうところは児童書とし
てとても良く描けていて冒険活劇とは違うので女性にも取り
かかりやすい物語だと思います。
単純な物語かと思っていたのですが思いがけず、深いところ
もありで面白かったです。
久々のイギリス英語にとっかかりは読みにくさを感じましたが
慣れてくればこちらのものです。
宇宙に関する言葉もたくさん出てきます。何度も繰り返して
出てくるものもあるので、次第に何か分かってくる言葉もある
と思います。これは多読の面白さです!

私が読んだハードカバーは物語の間に色々な宇宙の写真
がカラーで挿入されています。
先にこれはすべて見て説明も読んでしまったのですが、これ
だけでも結構楽しめます。

この物語のサイトもあるので、遊びに行ってみましょう。
【2008/03/11 22:42】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ipod 再び | ホーム | Library Lion>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1056-a5266455
| ホーム |

calender

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。