スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
GR出版局にお勧めしたい
お盆も過ぎて、来月に期初を迎えるために少しずつ忙しさが
戻ってきました。
洋書もガンガン読むスピードがいつもの通勤チマチマ読みに
戻ってきました。



もうこれ、出品者からのみになっています。私は購入するの
に出品者からというのが不安があるので好きではないので
すが。まだ新品はあるようです。(少々高い気が)
イギリスからフランスに釣り旅行に出かけたHowrd氏。
滞在先のホテルで知り合った子供たち二人をイギリスに連れ
ていくよう両親から頼まれる。
しかし、すでにドイツ軍は近くまで侵攻し、フランスにも迫ろう
としていた・・・。

とまぁ、まだここまでの話は序章みたいなもので、私もまだ旅
の途中までしか読んでいないのですが、とにかく細かなとこ
ろや子供たちの無邪気さにぐっと来て電車の中で危うく涙が
出そうになったりしています。

この物語、どこぞのGR出版社からGRとして登場しないかなと
考えてみました。
もともと原初のレベルもYL5.5あたりかなと評価しています。
GRがYL3.0あたりでできると、GRから原初を読むのに苦労が
あまりないと思っています。(原初は簡単なフランス語が出て
きますが、そこも他言語多読でOKです)
本当に、どうしてこの物語がすでに「出品者」からしか購入で
きないのかが不思議です。

私も初めてこの物語を知ったので、エラそうなことは言えない
のですが、もったいないと思います。

著作権とか版権とか色々な問題があるでしょうが、私なら
MacmillanからGRにして出してほしいです。
第二次世界大戦の状況とか物語の前のページで解説して
もらうと読みやすいだろうし、子供たちが主人公なので比較
的手にとってもらいやすいと思います。

ところで、こちらはボリュームがある本なので通勤向きでは
ありません。自宅で読もうとしているのですが、あまり時間
がとれません。一気にシリーズを読むよりもまぁゆっくりと
読んでいきます。



あと1/4なんだけどなぁ~。
【2008/08/27 21:06】 GR | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Pied Piper | ホーム | お江戸が舞台>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1107-d00de9ac
| ホーム |

calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。