スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
文句たらたら。
もしも、一度読みだしたMTHをアニーが嫌いだからとて、最後
まで根性と努力で読めと言われたら。



もしも、本を読みながら、わからない言葉をすべて英和辞書で
調べるよう言われたら。

もしも、100万語を一年以内に読みなさいと言われたら。

もしも、英文を日本語に訳してみて分からないなら参考書で学
習しなさいと言われたら。

もしも、わからない単語を必ず1日10個ずつ暗記するように言わ
れたら。

もしも、真面目に一生懸命に毎日2時間以上ずつ英語学習を続
けるように言われたら。

もしも、モチベーションをあげられなくて、やる気がないと自分を
責め始めたら。
あ~、モチベーションをあげなきゃいけないってのがまずわか
らんぞ。


もしも、文法が分からないから英語が分からないんだと勉強し
始めたせいで、本が読めなくて、泣きながら徹夜することにな
ったら。

もしも、過ぎてしまったレベルに戻っては後退するのと一緒だ
から、もうMarvinくんは読んではいけませんと言われたら。

もしも、これが効果のある多読という英語学習方法だとしたら。

・・・・。

この「もしも」は極端な気がしますか?
そうじゃないと思うこのごろです。怖いよー。
実際に、多読は多読三原則以外に強要するものがなかった
から、タドキストの皆様は様々な楽しみを共有していたし、新
しい発見も共有してきたし、それがまた多読の強みになって
いたような気がします。エネルギーと言っても良い。

強要される具体的な文章ではないとしても、多くの英語学習
に関する本では結果的にこちら側に「こうすれば、もしかした
らあなたの英語力(何をもっての力かは知らんが)は上がるか
もしれませんぜ。」というニュアンスをもった言葉を投げかけて
きます。「さぁ、はじめてみましょう!」とばかりに。
で、「それができなかったら?さぁ、そりゃああなたの問題だ
から私は知りませんぜ。」といった見えない文章さえ読み取っ
てしまう私は、被害妄想なのでしょうか。

実際に、私は中学時代の英語の授業で沈没し、そのままだ
ったから、そうとってしまう。

英語は英語のままで。
英語の意味=日本語の意味に100%ならないことが事実
となぜ、英語で食っている先生は教えてくれないのさ。
どうして、この学習方法があかんなら、君にはこっちが良い
かもってアドバイスしてくれないのさ。
なんて「くれないのさ」「してくれよ」という姿勢におさらばして
もうすぐ3年半。
結果的に、誰も「こうしろ」と教えてくれなかったけど、「いい
ねー!」と言ってくれる人々に支えられて、続いてますぜ。
まだ何万時間も洋書が楽しめるぞーと先の長さに嬉しくなり
ますぜ。

人ぞれぞれの英語学習があることは否定しません。
その人が楽しくて好きな方法ならどんどん進むべきだと思う
けど、多読が英語学習になるのは嫌だし、怖い。
そうなったら、「多読」という域で私は生息できません。

本を読み、音を聞き、「あ、そうなんかー」というおなかが
ポカポカするような満腹感を味わえる「多読」が好き。
【2008/09/16 19:42】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<「遠い空のむこうに」やっぱり、良い! | ホーム | 今日は和書を整理してみたり。>>
comments
--もしも・・・--
もしも・・・・・・   私には、どれも出来ません。
元々、天邪鬼なので人に言われたら、まず『No』と言ってしまうタイプ。
だから、人に勧められて物を買うのも好きではない。

自分がしたい、欲しいと思ったら、好きな方法で調べて納得したら
どんどん進めていきたい。

英語の勉強もしたいけど、毎日続けられないのが現状。
でも多読は、ほんの少しでも読みたくて読んでしまう。

今は多読が楽しくて(児童書が読めずへこんでるけど)
(ちょっと休憩してしまったけど)
自分が楽しく読めるGRを、たくさんたくさん読みたい。
文法わからないけど、単語知らないけど、頭に情景が浮かぶ楽しさを
もっともっと味わいたい!今の私は ただそれだけ。


人に勧められるでもなく、自分で知った多読の世界。
これは、長く続きまっせ~ふっふっふ( ̄+ー ̄)
【2008/09/18 14:13】 URL | nappu #-[ 編集] |
----
nappuさん、こんばんは!
この「もしも」は誰かに言われたら…という文章にしましたが、例は多読を始めた方がご自分を縛ってしまうこともあるのです。
nappuさんは今、「自分が楽しく読めるGRを、たくさんたくさん読みたい。」と思われている!この感覚が多読の良さではないかなぁと思います。
「文法わからないけど、単語知らないけど、頭に情景が浮かぶ楽しさをもっともっと味わいたい!」には私も多読を始めたときに、とても興奮しました。今でもそれは同じです。
英語を英語のまま、味わえる多読の力ってすごいし、それは自分の力でもあるんですよねー。それが自分の自信になるというか…。
どうか、そのまま、ガッツリ読んだり、停滞したり、まったりしたりといろいろなペースでHappy Reading
!!
【2008/09/18 23:07】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--また、お邪魔しました--
>多読を始めた方がご自分を縛ってしまうこともあるのです。
これは、少し前の私ですね!言葉を知らない自分が嫌になったり
もっと詳しく知りたい!と、もんもんと悩んでた時期は、まさにこれですね。

時間がなくなった今は、余計なことを考えず、ただ楽しく本を読みたい欲求だけになりました。
かえって時間がなくて、良かったのかも!
読める本を読めるときにHappy Reading!

【2008/09/19 16:42】 URL | nappu #-[ 編集] |
--えーと思われるかしら--
nappuさん、こんばんは!コメントありがとうございます。
まずは多読三原則を守って、楽しさを追求することに貪欲になり、昨日の自分と今日の自分の小さな変化を喜ぶことを続けてみていただきたいのです。これがモチベーションを必要としない継続になるのです。だから語数を数えるのが面倒なら数えなくても良いし、語数でなく冊数でも良いのです。
>読める本を読めるときにHappy Reading!
そうなんです。ご自分のペースでHappy Reading!が一番なのです♪

【2008/09/19 22:05】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1123-d07e36a2
| ホーム |

calender

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。