スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
On the Beach
"Pied Piper"の原作者Nevil Shuteの"On the Beach"という
物語。


こちらがPenguinのGRで出ているのです。


GRはYL4.2、32,000語。なかなかのボリュームですね。

第三次大戦が勃発し、ソ連と北大西洋条約諸国との交戦
はソ中戦争へとエスカレートした。
水爆とコバルト爆弾の炸裂する戦争はすぐに終結したが、
放射能におおわれた北半球の諸国は死滅していった。
アメリカ原子力潜水艦スコーピオン号は放射能帯を避けた
が、人類の最後は目前に迫っていた……。


ということだそうです。
映画化もされています。



グレゴリー・ペックだ!

原作をまずはGRで読んで映画を見てみる。
ある日、いっちゃおうか?と思ったらPBをゲットしてみると
いうのもいいじゃないですか。
(ただし、映画は脚本化されているので原書どおりとは
限らないので注意して下さい)

多読の良さの一つは自分の読む力を実感しながら進める
ことができることです。
「まだ、無理。先の楽しみだ。」
「ちょっと、試しに…読んでみようか。」
「よっしゃ!読めるようになった!」
「あかん、途中で分からなくなった」
などと自分の感覚ではっきりとわかるのです。
それって、調節できると言えばできることですよねー。

洋書は名作だったり、人気があると原作以外にGRや絵本
でなど少し読みやすい英語になっていることがあります。
同じ物語を違うレベルで読み比べてみると何か発見がある
かもしれませんよ?
あるか、ないかは自分で確認してみて下さいね。

私は、原作のPBで読んでみたいと思っています。
GRにも興味が出てきたのですが、ここのところ読んでいな
いので手にするには少し勇気がいります(^_^;)


【2008/09/22 21:51】 GR | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<洋書棚の前で | ホーム | 好きだから。>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1129-8381cc21
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。