スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お鳥見女房


「お鳥見女房」シリーズ第1巻 諸田玲子著

江戸郊外、雑司ケ谷の組屋敷に暮らす矢島家の珠世は四十
の主婦。養子に迎えた夫は珠世の父と同じお鳥見役を務め、
長男もその父と同じ道を歩いている。
次男は気ままな性格だが、剣の使い手としては立派なものだ。
そしてお鳥見役を引き、隠居の珠世の父。
長女は旗本の家に嫁いだが、何か理由を作っては実家に子供
を連れて良く遊びに来る。次女は珠世ら家族とともに暮らしてい
る。
ある日、屋敷にみすぼらしい風貌の男が珠世の父、九衛門を
訪ねてきた。
めっきり、寒くなりました。
さぁ、読書の秋到来です!と声を大きくしたいのはやまやまで
すが、まだリーグ優勝決定してませんからね(笑)
我が職場には、阪神ファン、中日ファン、楽天ファン、ロッテファ
ン、ベイスターズファン、ソフトバンクファン、とまぁプロ野球好き
が多いので、毎日朝は野球ネタで始まります。
今日は中日の荒木LOVEという話で始まりましたが。
熱狂的虎ファンの私の前では

言いだせないのか

橙色の貧乏タオルを振り回す球団ファンはいません。
え?阪神タイカープに言われたくない?プンプン!

ゆっくりと本を読んでいる場合じゃ、ありません。気ぜわしいの
で、洋書に手が行きません。
となれば、悩むより、読みたくなるまでほっときゃええのです。
焦っても、無理しても、嫌々英語見たって楽しくなりません。

独身時代、風のない夏の夜のビール。暑いのに汗をかきなが
ら食べた肉うどん。中西の押し出しサヨナラ四球を二度も見て、
怒り狂い、真弓を応援し椅子の上を右へ左へと動きまわり、藪
を追っかけたあの日々。

広島市民球場、ありがとう!そして、お疲れ様でした!



さて。またまた江戸に戻りました。

お武家さんの主婦が主人公というのがまた、読みやすい。
「お鳥見女房」の珠世はもう孫もいる(!)主婦。
朗らかで、やさしく、柔らかい。そして賢い。
そんな印象の珠世の前に色々な偶然が重なり、一家は多く
の人々で暮らすことになってしまいます。
そこには武士ならでは事情も絡み、珠世は最悪のことが起き
ないように願うばかりです。そして珠世の性格は人々に何か
しらの変化をもたらすようになります。
その一方で、自分の旦那様がとうとう、お鳥見役の裏の使命
のために家を空けることになります。夫の無事を祈りながらも
留守を守り、難題が持ち上がるたびに珠世は持ち前の明るさ
と優しさと機敏さで解決へと導きます。
スーパー主婦ではありません。
心を痛め、心配し、笑い、泣き、とても表情豊かな人です。
また、珠世の家族や周囲の人たちがまた面白くて、読み手を
魅了します。

こちらはシリーズになっています。


注:中、右の画像はハードカバーです。

女が女に憧れる。
珠世さんのように、柔らかく、しなやかで強い女性に憧れる
雫なのでした♪
しかし、こういうシリーズは大人読みしてしまいます(^_^;)
【2008/09/29 22:07】 和書 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<どんなんだろねー。 | ホーム | おそろし>>
comments
----
雫さん、
とてもおひさしぶりです。

私も大分以前に珠世さんにめぐり合って、すぐファンになりました。彼女のゆったりと力強い生活に、あこがれてしまいます。
素敵ですよね。

鷹姫さままで読み終わって、狐狸の恋が文庫になるのを、首をながくして待っているところです。

諸田さんのほかの本も文庫を取り寄せて読んでみたのですが、このシリーズが一番すきです♪
【2008/09/30 20:50】 URL | Dill #-[ 編集] |
----
こんばんわ♪
やばいです、和書も読みたくなってきました!
時代物、大好きなんですよー。
紹介されていると、つい読みたくなってしまいます・・・。
でも、なぜか、図書館で順番待ちしてた和書が、3冊同時にきたので(TーT)、もう少ししてから、是非、読みたいと思います^^

事後報告で申し訳ないですが、リンクさせていただきました。
【2008/09/30 21:26】 URL | リッカ #-[ 編集] |
--こんばんは!--
☆彡Dillさんへ
お久しぶりです!最近は時代ものばかりのご紹介をしている私ですが、Dillさんも珠世さんのファンだったなんて嬉しいです!狐狸の文庫化もしてほしいですよね。もう2巻目を読み始めてしまいました(^_^;)
諸田さんの作品はこれが一番人気があるようですね。しかし、素敵なお話ばかりのシリーズを見つけてホクホクしてます。

☆彡リッカさんへ
さぁ、今すぐ予約へGO!(笑)3冊同時はキツいですねー。ずーっと待っていていきなり固まってこられると嫌になりますよね(^_^;)ぜひ、この珠世さんのシリーズを読んでみて下さい。子供たちもたくさん出てきて、おもしろいんですよー。
【2008/09/30 22:12】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
【2008/10/01 02:33】 URL | サトシ #-[ 編集] |
--サトシさんへ--
初めまして!ポチありがとうございました!
【2008/10/02 22:05】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
雫さん、こんにちは。こちらの『お鳥見女房』を先日読みました。読み終わって、何だかほんわり温かい気持ちになりました。素敵な本を紹介していただいて、ありがとうございました!
【2009/03/23 13:54】 URL | niko #-[ 編集] |
----
nikoさん、こんばんは!
おぉ、お鳥見女房読まれましたか♪このシリーズは
諸田さんの作品の中では秀逸ではないかと。
時代もので、女性が主人公でこんなにも温かい物語
がほかにないのでは、と思っています。
nikoさんのBlogへ行きますね~!
【2009/03/23 23:09】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1135-de379acc
| ホーム |

calender

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。