スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
待ってました!酒井せんせーの最新著書
さよなら英文法! 多読が育てる英語力

こども式ウェブサイトのブログで紹介されていた最新著書を
Amazonでさっそくチェック。11月11日発売予定なので、近づ
いたらもっと気をつけなくては。



さて、どんな内容なんでしょうねー。楽しみです。
私は、英語を日本語で書かれている参考書などがどうも苦手
です。英文を読んで、日本語に訳して、日本語で書かれている
説明を読んで理解するということが延々と続く。
そして、洋書が読めるとか映画が字幕なしで読めるなど実際に
使える力がついているのか、自分で感じることができない。
しかも、多読を始める前は『英語を英語のまま』理解するなんて
無理、自分にはありえません、と思っていました。

多読に出会ってから、少しずつ、洋書が読めたとか英語が聞き
とれるようになったなど確実に実感したことが大きな力となり、
『あ、別に英語のことなのに日本語はいらない』とすっぱり決め
ることができたのでした。(あくまでも私の話です)
だから辞書を引くにしろ、英英で。文法をするにしろGrammarで
しようと思ったし、それが理解できないときはまだまだ自分には
それだけの力がないだけだと先に置いておこうとのんびりでき
るのも趣味で、仕事に必要でもない贅沢なことだと思います。

もうすぐ1,200万語になりますが、自分なりに今後はどうしてい
ったら、私のいまの壁が崩れるだろうかと考えています。
今のところ、文法とかあまり気になることではありません。
ただ、PBに出てくるわからんようなわかるようなボンヤリした言
葉のレギュラー陣が気になり始めました。
YL2~3あたりだとそういう言葉が殆どなくなってきたようで、読
んでいてもじっくり精読状態に近くなってきました。
それが自然の流れなら、別にそれで良いと思っています。
そりゃ、そうだよね。日本語だって内容によって読み方が変わ
るはずだから、英語でもその方が自然でしょ。

結局、ヒントはあちこちにあっても自分がどうしていくのかは
自分にしかわからないし、今はそれさえもわからない(笑)
で、今日も面白そうな本・興味のある本に目が行くのです。
【2008/10/14 08:33】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Kidnapped at the Capital ~Captal Mysteries 2~ | ホーム | The Absent Author ~A to Z Mysteries 1~>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1145-1a5cbc28
| ホーム |

calender

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。