スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
A Kiss for Little Bear


ISBN:0064440508 YL0.5 293words

久々に読んだICR。Little Bearを読んだのは多読を始めて間
もない頃でした。
改めて読んでみると、前回と同様、絵の楽しさに惹かれます
が今回は"a kiss""the kiss"がね、何となく分かるんです。
この"A Kiss for Little Bear"はあることをきっかけにKissが
伝達されていくんですね。そのやりとりの中で"a kiss"のと
きと"the kiss"のときがあります。違いはね、読んでいたら
分かるんですよ。
中学校のときに学校で習った意味って意味ないなぁと思っ
てしまいます。むりやり日本語の定義をくっつけているけど
違うんだよなーなんて思いながら読んでいました。

最初にこの本を読んだときにもちろんわからない言葉があ
りました。わからなければ、立ち止まって推測せずに飛ば
して読みました。
私は楽天家なのか、もともと学校英語落ちこぼれ者なせい
か、わからないところにひっかかるよりも、300語弱でも本が
一冊読めることに興奮していました。
すごく嬉しかったんですね。そういう気持ちを思い出しました。


話は変わりますが・・・
結局、邦訳にイラっとして原書で読み出したこちら。



まぁ、ちょっとクセのある語り口です。確かに邦訳の狙いも
原書のクセを反映しているようですが、それでも日本語に
すると抵抗がある(^_^;)
このミステリーはシリーズになっているけど、続けて読むか
はまだ分かりません。
どうも私はLAとか西海岸よりもNYとかChicagoとかBoston
とか東側が好きなようでして。

まだまだ風邪がぶり返してもいやなので、ペースはゆっくり
ですが、留まることなく読んでます。
【2008/11/04 21:00】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<新しいシリーズ | ホーム | The Skeleton in the Smithsonian ~Captal Mysteries 3~>>
comments
--雫さん、はじめまして!!--
こんばんは!!
夜分に失礼致します、多読初心者のmegumieといいます

偶然です!!私も今このLittle Bearシリーズを読んでいます。そしてICR lv.1なのに分からない単語がいくつかあったというのも先ほどブログに書いたところです笑

でも分からない単語があっても内容自体は掴めるし、この本から伝わる温かさの方が大きかったです。
多読を始めてから完璧を目指さなくなりました。自分でも驚いています。

長くなりましたがまたお邪魔させてください☆
【2008/11/06 02:04】 URL | megumie #-[ 編集] |
--こんにちは!--
megumieさん、初めまして&ようこそ!
お返事、遅くなってごめんなさい。
短くて同じ文章が繰り返されているところはやさしいけど、あれ?という言葉がときどきありますよね。
でも大丈夫です!私も多読を始めた頃は、そう思っていましたが、どんどん読むことで少しずつ解消されています。
多読は完璧でなく、不完全なところがあって当たり前、その状態でも楽しめる段階のものからどんどん読んでいきましょうという方法だと思います。
少しぐらいわからない言葉があったって、笑ったり泣いたり、ほっこりする方が生活に直接彩りになると思いますよ♪それが次の本へと手が伸びるエネルギーになります。
これからも楽しい読書を続けて下さいね!
またBlogにもお邪魔しますねー!

【2008/11/09 15:36】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1186-0e7d4376
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。