スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Brothers and Sisters


ウォーカー家は、食品会社を経営する父親ウィリアムと愛情
溢れる母親ノラ、父の会社で働く長女サラと長男トミー、次女
キティ、弁護士のケヴィン、末っ子のジャスティンの5人兄弟
姉妹の7人家族。
久しぶりにキティが実家に戻り、家族揃って時を過ごす。
しかし、ウィリアムの突然の死をきっかけに、残された家族に
とっては驚愕の事実が次々と浮かび上がってくる。

続きは・・・今日は特に長いでっせ。
「アリー・my・ラブ」ってめっちゃ昔のドラマのように感じる・・・。
最終シーズンなんて、何か少しヤケなところも感じて結局、あ
のドラマは何を目指していたのか最後になってわからなくなっ
てしまった。途中まではとても面白かったのに。
しかも、ハリソン・フォードとキャリスタ・フロックハートのことが
追い討ちをかけ、さらに何だかなぁ~という香りを残したまま、
数年。
キャリスタ・フロックハートが久々のドラマに戻ってきました。
可愛い顔だけど、目元のちりめんジワは隠せないなぁと。

アメリカの幸せな家族を絵に書いたようなウォーカー家。

ウォーカー家の大黒柱、父親ウィリアム。
ノラの夫であり、5人の子供の父。
「オーハイ・フーズ」の社長で、家族から尊敬されていた。
しかし彼の死後に色々な秘密が発覚し、家族を次第に巻き込
んでしまうことになる。

ウォーカー家の5人の子供たちの母親、ノラ。
夫の死後、色々なことに直面する。
また末っ子のジャスティンの入隊のことでキティとの間には溝
がある。

長女サラは結婚していて二児の母で、大手広告会社に勤務
していたキャリアウーマン。父の会社経営を手伝うことで辞め
るが、いつも家庭と仕事の両立に悩む。

次女キティはNYのラジオ局でパーソナリティを勤めている。
共和党びいきの保守的なトークでLAの局からスカウトされる。
恋人と仕事との間に揺れ、母親との微妙な気持ちのすれ違
いを残したままの再開となる。

長男トミーは高校を卒業した後、父親の経営する会社に入り
仕事熱心に働く。将来は父の後を継ぐものだと思っているが。

次男ケヴィンは弁護士。ゲイであることは家族も周囲も知って
はいるが、常に恋愛に悩んでいる。

三男(末っ子)ジャスティンはウォーカー家のトラブル・メーカー
でもあるが、可愛がられている。アフガニスタンに赴くが、帰国
後もトラウマに悩まされ、クスリに溺れる。

ノラの兄、ソール。ウィリアムの会社の財務責任者。ウィリアム
の家族に知られていない一面を知る人でもある。


主な登場人物でこれだ。


どないやねん!とツッコミたい人はこちらを。

でも、シーズン1を見終わって、面白かったよ。

ドロドロ

で。

見る人によっては「なんじゃ、これ。」というような物語かも
しれないです。
個性豊かなウォーカー家の人々。誰のことでも家族の中で
筒抜け状態。それぞれに悩みを持っていて、ある意味「自分
が世界で一番大変で可哀想。」と思い込んでいるところも。
ところが、家族の誰かが窮地に立った途端に協力な団結力
を発揮し、ウォーカー家たるものを見せつけてくれます。

誰にでも、いつでも起こりうる家族の問題。
表側は人々が羨む幸せな家族に見えても抱えている問題
はたっぷり。それを乗り越えるのは家族の愛。
(としか言いようがない~)

このドラマの中で私が感じたことと言えば・・・

キティを通して政治への関心度と生活の密着度の濃さ。
私が政治に無関心なのかもしれませんが、共和党と保守
党でこんな番組があるんかい!というものが。
これまでも色々な形でアメリカの「国民と政治」を見てきまし
たが、このドラマでもそれは感じます。

9.11が家族にどのような影響を及ぼしたか。
これは世界の人々それぞれが自分の感じるところを持って
いるはず。家族の間でもそれぞれの意見が違い、ついには
ノラとキティの間に溝ができてしまいます。
この9.11に関係ない人がいるのでしょうか。日本にいる私達
だって決して関係ないとは言えないはず。
と、共にアメリカの原爆投下のことを考えてしまいました。

夫婦関係。
うーん、考えすぎなんちゃう?って思うところもあったり(笑)
1秒たりとも不満がないパーフェクトな関係を求めているよう
な気もするし、話すことを大切にする夫婦。
それがねぇ、日本とはまた違う雰囲気があって、私ならこん
な関係は煮詰まってしまって、かえって夫婦でいたくなくな
るわい!と思ってみたり・・・。

とにかく、このドラマを見ているとあれこれ考えてしまうわけ
です。ときに驚くような解決方法に「それかい!」とツッコミも
入れたくなりますが、これもまた私の楽しみ方。
秋の夜長に、そして景気後退の中、お正月は家でゆっくりと
過ごそうかなぁと考えている方には3番目ぐらいにお勧めの
ドラマです(笑)

一番?ボーンズかなぁ。クローサーも好きなんだけど。
【2008/11/18 19:17】 Cinema | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<赤毛のアン シンポジウム in 京都どす | ホーム | White House White-Out ~A to Z Mysteries Super Edition 3~>>
comments
----
雫さん
お久しぶりです!
私のほうは全然更新していませんが、9.11以降のドラマで何か面白いものないだろうかと常々思っていますので、こちらはいつも楽しみに読ませていただいています。

「アリー・my・ラブ」の件は全く同感!第3シーズンくらいまではすごく面白かったのですが。最後は・・・でしたね。

相変わらず80~90年代の海外ドラマ中心にちまちま見続けていますが、周りにこの辺りのお話できる人がほとんどいなくてさびしいので、またよろしくお願いしますm(_ _)m
【2008/11/22 12:48】 URL | アルムおんじ #k4t9iDKE[ 編集] |
----
アルムおんじさん、お久しぶりです(*´∇`*)
お元気ですかー?
ね!アリーは本当に最後は何だかって感じで。いったい、何だったんだろうという感じでしたが。
海外ドラマオフ会をいつかしましょうよ!多分、アルムおんじさんの方が色々と知ってると思うなー(笑)
海外ドラマはお金の掛け方が日本とは違って桁違いなので、濃厚ですよね。でも30分のファミリー向けのドラマも大好き!
【2008/11/23 08:46】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1198-19be4a23
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。