スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジェイン・オースティンの読書会


ジョスリンはブリーダーで最愛の犬を亡くしたばかり。
そんな彼女を慰めようと読書会を開くことを考えついたのは
6回の結婚・・・離婚暦を誇るバーナデット。
映画館で出会った高校でフランス語を教えているプルーデ
ィーも誘い、20年連れ添った夫から離婚を切り出されたシル
ヴィアとシルヴィアの娘、アレグラも巻き込む。
読書会は6回で、一人1作品のリーダーとなるが、一人足り
ない。シルヴィアは偶然、知り合ったグリッグ、オースティン
初心者を誘い、読書会が始まった。


原作はこちら。最初は面白そうだなぁと思ったのですが私は
オースティンを読んだことがありません。
名前も洋書を読み出して「有名な作家」と知ったぐらい。
作品を読まずに原書の"The Jane Austen Book Club"が楽
しめるのか?と疑問に思いつつ書棚には鎮座。

結局、先に映画を見ることになったのです(^_^;)

感想は・・・やっぱりオースティンを読んでいないと登場人物
とオースティンの物語との関連性がわからなくて、結局は楽
しめないのではと思います。と、同時に映画は2時間という
時間制限があるので、登場人物の人生模様とオースティン
との関連性はあまり気にしなくても映画としてまぁまぁ楽しめ
るだろう・・・でしょうか。
映画の中で、登場人物が本を手にしています。
それぞれの読み方があり、1つの作品でも色々な表紙がある
ところなどは見ていて、それだけで楽しめました。

見終わった後はオースティンと作品に興味が出てきました。
しかしながら、私は今、偶然に古典を読んでいまして、こちら
が優先です。いつかはと憧れていたBronte姉妹の作品。
"Jane Eyre"の原書をぽちぽちと読み始めました。

いやー、とうとうpenguin classicに手を出してしまいました。
今までは洋版ラダー版とMacmillanのGRで読んでいました。
そして何と言ってもTim様のBronte姉妹のお話が印象的だ
ったから、著書にも興味が増したのです。


懐かしー!



表紙がちょっと違う(^_^;)私のはUK版か?

古典は物語に作者の生い立ちや人生観が色濃く投影され
ていて、物語を読むと作者のことも気になってきます。
そうやって物語を読むと、今回見たような映画はさらに面白
さがあると思います。
原書を読むのはまだまだ先のことになりそうです。

最近、朝や出勤中は英字新聞を読んでいるので本はあまり
ページが進みません。
ぽちぽち読んでいるといったところです。

あ、朝の読書は"soy milk tea"がお供になっています。
豆乳の匂いが気になる方は、蜂蜜や練乳を使うと良いでしょ
う。ただし、練乳の入れすぎは味に特徴が出すぎるので乳
製品が苦手な方はご注意を。
コーヒー党の方は牛乳の代わりに豆乳をどうぞ。
蜂蜜とシナモンを加えても美味しいですよ(*´∇`*)
豆乳はお肌に良いし、蜂蜜は乾燥しがちで喉に負担の増え
るこの季節にはお勧め。シナモンの香りは12月を感じます。
【2008/12/02 23:49】 Cinema | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<英字新聞 | ホーム | ミディアム/3シーズンと新年の映画>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1205-4f02b28a
| ホーム |

calender

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。