スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
警官の血


「警官の血」上・下巻 佐々木譲 著

昭和23年。戦後の混乱が続く東京、上野署の巡査になった
安城清二。管内で起こった二つの殺人事件に不審な点を抱
いた清二は、個人的に調べ始めるが…
たまーに、こういう本を読みたくなるんですね。
こういうってどういう?ミステリーとして犯人が誰か推理するの
も面白いですが、やはり登場人物の人間臭さでしょうか。
ドラマも放送されたんですよね。知らなかった…(泣)

この物語は安城清二、息子の安城民雄、孫で民雄の息子の
和也と三代に渡って警察官として生きた男たちの物語です。

戦後、実直で曲がったことの嫌いな安城清二は結婚したこと
もあり、警察官になることを決めます。
管内で起こった二つの殺人事件を追うことで、清二はの人生
は違った方向へと進みます。そして、ついに…

息子の民雄が警察官になったのは、過激派が極端な行動へ
と走り、騒然とした世。警察官でありながら、北大に入学する
ことになりました。それは…極秘の命令。
民雄は父清二の謎に迫るために、清二が追っていた事件を
追い始めますが…

決して、父の志を継いだとは思っていない―でも和也は警察
官になることを選びました。
警察という特有の機構の中で和也は自分の上司を内偵調査
することでした。和也は民雄について新しい事実を知ります。
それは祖父清二が追っていた二つの事件へとつながります。

戦後から、現代にいたるまでの東京を舞台にしているので、
今では想像もしない景色が特に上巻にはあります。
実際に見たことがない風景なのに、すでに映像などで見てい
るせいか、想像し難くありません。けれど、これが文章になる
と、また面白いんですね。細切れの写真を見ているような感じ
から、フィルムになって街が動いているようです。
そのなかで沈澱していくように見える祖父が追っていた二つ
の事件。実は犯人は案外、予想できます。
犯人は誰か?というミステリーではなく、登場する人物たちの
思いや行動が、皆、私にはミステリーで読み応えのある物語
でした。
警察官が主人公なので、全般的に非常に男くさいのですが、
数少ない女性が登場すると、これがまた、少し違った目線で
物語に入り込んだようで、面白かったです。

これを読んだ後に、読んだのがまたこれ、男くさい(笑)



またの機会に紹介します。
【2009/02/27 23:26】 和書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<社長、その数字の使い方は間違ってます!―管理会計スタッフ奮闘記 | ホーム | 新宿オフ会>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1249-fa7bd6ee
| ホーム |

calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。