スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロジカル・ライティング


Blogで記事を書いていて、辛いのは自分の文章力です。
英語よりも日本語だろ!と己にツッコミを入れるのはいつも
のことです。
伝えたいことを分かりやすく、ネタばれせずに書くことはエネ
ルギーが必要です。(痩せないけどね)

日本語は主語から述語の間に紆余曲折があっても文章には
なります。ただし、長々結果が見えない文章は読む人にとっ
ては苦痛以外のなにものでもありません。

そして「だめだこりゃ~。でももう体力限界だからUPしよう。」
と、Blogでは失礼させていただいてます(^^ゞ
諦めたり中途半端な文章は仕事で通じません。
申請書や稟議書、議事録を作成しますが、プレッシャーが高
いのは各部署の書類内容をチェックするという業務も範疇に
あることです。
事情を知らない人が読んで、内容がわかるように書く―あた
り前ですが、経験と共にアドバイスが必要です。

アドバイスとして、この本を購入しましたが良いです。
(この手の本が分かりづらかったら、説得力ないですねー)

まずは、基本的だけど大切なルール。
1、主語と述語を近づける
2、修飾・被修飾関係をはっきりさせる
3、効果的に接続詞を使う
4、理解しやすい構成にする
5、語尾を統一する
6、一文を短くする
7、一文には1つの事柄だけを入れる
8、助詞の「の」は3つ以上連続して使わない
9、正しい敬語を使う
10、事実と推測を区別する
11、適切な指示代名詞を使う
12、二重否定を避ける

本の内容はこのあとに知的で論理的な文書を作るという
具体的な内容になっていきます。

もちろん、掲示板投稿やメールなど仕事以外の場でも活
用できる内容です。
「自分の伝えたいことが、相手に伝わっているだろうか」と
いう不安が少しでも払拭できる手助けになるかもしれませ
ん。

【2009/03/02 23:13】 和書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<The Magic School Bus and the Electric Field Trip | ホーム | 江戸ものがたーっぷり♪>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1253-13f26bdb
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。