スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Blackな夜。(ビール入ってます)
はっきり言って、多聴多読マガジンの内容は私には興味が
薄い。はっきり言って、あまり買おうと思わない内容が続い
ている。発行期間に比べてネタなくなってませんか?

「成功する100万語」って何よ?

どうせなら、「成功する100,000万語」にしたら?
なぜ、100万語を成功させなければならいの?

成功って何が?成功の意図はなんですかね。

1000万語以上読んでますが「成功」なんて一度も考えたこと
なかったですわ。楽しい、嬉しい、面白い、泣いた、怒ったな
ど色々言ってきたけど、「成功」ってなんだ?
100万語の通過はとても嬉しかったです。
嬉しかったと同時に、それ以上読んでいこうという気にもなり
ました。
それは、他人にしろと言われたわけでもなければ自分に義務
として課したものでもありませんけど。
「成功」なんてあやふやな言葉で、もしもそれを「成功」と思わ
ない人が出たら、次はどんな方法を使いますかね。
こんな言葉に引きずられないことです。自分に合うか合わない
かは、雑誌でなく自分が感じて判断することです。

100万語に到達しなくたって、別にええんちゃうか。
数えてなかったら、100万語かわからないだろうし、冊数の方
が自分の励みになる人もいるかもしれないし。
語数を既に離れて好きな本をのびのび読んでいる人もいるか
もしれないし。
だから、「成功」って使うな。

どうせなら、マガジンすべてを英語にしたらどうよ?
多聴多読なんでしょ?頁数をたくさん割いている広告も全て
英語にしたらええんちゃうか。辞書を引かなくても良いぐらい
のオール英語にしたらえんちゃうか。
日本語でぐだぐだ書いているものを読む時間がもったいない。
「英語でしゃべらナイト」と言いつつ、日本語でばかり話してい
るのと同じやん。(か、暗記したわざとらしい英語ね)
八嶋さんには、本当に多読をお勧めしたい。

多聴多読というなら、覚悟をきめて下さいよ。

ロードマップがどういうものかはわからないけど、道は人それ
ぞれでしょうよ。雑誌で勝手に画一化されるのは商売っけを
感じずにはいられません。
まぁ、儲けの種になるのは仕方ありません。会社は儲けなけ
ればより良い営業活動をできないのですから。
それは雑誌社だけじゃないんだろうな。

確かに、利益を出さなければならない責任を負っていない私
が言うことは無責任だわな。

編集の人のBlog見ても…

あなたの仕事が忙しいかなんて。
誰でもどんな仕事でも忙しいときはありますから。
洋書、楽しんで読んでますかね。その姿こそが雑誌の名前
にふさわしいんとちゃいますか。

あー、ビールがうまい。
【2009/03/08 01:01】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<侮れない「大量」。そして次の段階へ。 | ホーム | こんなものか。>>
comments
--あっぱれ!--
はっきりとした意見にあっぱれ!です。
私は、多読を始めた頃に一度買っただけなのですが
以前に買ったことのある方は、変化を感じてるんですね。

でも、「成功する100万語」には、びっくり!
〝えっ!私100万語超えたけど、成功って感じてません。ならば私は失敗?!〟って
思ってしまいましたよ。

何をもって成功といってるのか、逆に読んでみたくなりました^^;
【2009/03/09 13:42】 URL | nappu #-[ 編集] |
--なんでしょうねぇ・・・--
nappuさん、こんばんは!
今日、ちらと立ち読みしてきました。うーん、内容には賛成することもあるんですが、基本的な設定として、GRで100万語読むみたいな様子があって、「学習」色が強く感じました。
春、英語を始めようという方も多い中で多読はこれが方法だというな勘違いが蔓延しなければと思ってます。
もちろん、成功・失敗は関係ありません。英語を使って自分の生活がちょっぴり昨日よりHappyであれば良いと思ってます!
【2009/03/09 20:33】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--右に同じですぅ~--
こんばんは!!

私も「多読・多聴マガジン」は購入せず、毎回立ち読み程度で済ませています。
GRの一部を何冊分か載せる事がページ数を稼いでいるような感じが私的には好きになれません…。もちろんGRはダイスキなんですけどね。


成功する100万語、確かに違和感を感じます。
多読を始める人にとって、理由は十人十色で、それが全て「成功」を目的とはしませんし。というか成功に100万語は少ないんじゃ…ww

私にとっての多読は充実です。
多読にとってそもそも「目的」ってあるのかなぁ、とも感じました。何か言ってる事グチャグチャですみません(><)
【2009/03/09 23:53】 URL | megumie #-[ 編集] |
--同感!!(はじめまして)--
いつもブログを読ませていただいているだけだたんですが、今回の記事に感動して初書き込みです。

私も、何だかあの雑誌は、「多読」というものを商売の食い物にしていると、何とも言えない気持ちになっていました。もともとは多くの人の善意や協力もあっての「多読」に便乗して利益を出しているいるようで。

編集部のプロ意識のなさも常々感じていたので本当に今回の記事は胸のすくような気持ちになりました。

雫さんと同じような思いを抱きながら、もやもやしている人も多いと思います。こんなにはっきり書いてくれてありがとうございます。


うっかり定期購読して後悔している通りすがりの者でした。(購読者への対応もミスばっかりで最悪ですよ・・・。もう絶対更新しない・・・)

【2009/03/10 13:54】 URL | momo #-[ 編集] |
----
megumieさん、こんにちは!
多読を知らない人にはGRやORTの試読は有効だと思いますが、確かに割かれているページ数が多いかなぁ。
広告も多くてあっけにとられますが(^^ゞ
すでに多読をしている人が続けて読めるかというと、ちょっと違う内容ですね。特に多読を学習方法としてでなく、楽しい趣味や生きがいになっている人にとっては。
なので、最初のアプローチがスキルアップのような文言だと私は多読の良さが失われて広がるような気がしてます。megmieさんのおっしゃる「充実」。良い言葉ですね!そういう表紙にしてほしかったです。

【2009/03/11 08:31】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
momoさん、初めまして!どんより更新のBlogですが遊びに来て下さって、嬉しいです♪
善意に便乗している部分があると思います。SSSの書評登録は善意です。それが一個の会社のサイトに使われるようになるなんて、どういうこと?とも思いました。善意の誇大解釈かな?
広く多読を知ってほしいという方もいらっしゃると思いますが、私としては雑誌にどのような形で勝手に取り上げられか分からないなら、SSSの掲示板でコメントはできないと思いました。(最近していませんが…)
定期更新ミスがあったとのこと、これはやっぱり改善してもらわないと困りますよね。

協力たのも随分前に少しだけなので、私は言う権利はないのでしょうが(^^ゞ
【2009/03/11 08:42】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--あれ、ここに書いちゃうんだ--
どうも雫さん。
昨日はHydeさんが学校へいらしたんですが、成功する~のことは、ほかのブログでも同様の意見が飛び交っていたと教えてもらいました。
執筆していらっしゃる人、何人かは直接お会いしてお話したことがありますが、お一人お一人多読にほれてやっていらっしゃる、(いい意味で)熱心な先生だったりします。でもーでもー、なんでしょう、最終的には、力、お金がものを言うのかな。
【2009/03/14 15:10】 URL | emmie #-[ 編集] |
--酔った勢いで…--
emmieさん、こんばんは!
「成功」の話は飛び交ってますねー。英語で商売するなら、商売するぞ!とハッキリすれば良いのにと思うのです。中途半端だから、私のような抵抗感が生まれるのではと(笑)立ち読みで対話のところを見ると、多読の良いところも書いてあります。でもねぇ、やっぱり雑誌の言う多読多聴と隔たりが出てきたように思います。SSSとか人の名前借りずに作っていけば良いのになぁ。

【2009/03/15 23:24】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1260-8494527e
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。