スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Clueless in Tokyo


ISBN:9780834803862 YL2.5~3.0 2,784words(適当)

日本はそんなに不思議ですか。

いやいや、当たり前のこともお国違えば何とやらで、そんな
ことに驚いたりされるのかーという目線の違いが面白い絵本
です。

emmieさん、ありがとう!
NHKのCool Japanが大好きで毎回見ていますが、この本にも
そんな面白さがあります。
私たちが普段、当たり前すぎて意識もしないことが海外から
来られた方には不思議に見える。
意識したとき、自分の国の特徴を感じるというのは面白い。
日本の良さを海外の方に教えてもらうのは、寂しいことでしょう
か。まぁ、そんなこともありますが、教えてもらっているのに聞く
耳を持たない国民になるより良いんじゃないかな。
文化や風習の違いがあることを認識することは相互理解の最
初の一歩になると思うなぁ。

本にはどうして?という文章があちらこちらにあって、作者の目
線が面白いですね。自分と共通した疑問もありましたが。
what's that building with the giant golden poo?
A社さん、ごめんなさい。いやいや、ここのビールはめっちゃう
まいのです。
ビールがあまり飲めない私も、ここのビールは旨い!と唸った
のです。工場直送で、にごりが残っているけどコクのある味は
瓶や缶では再現できませんね。これがホンマの生ですわ。
ここで一度オフ会をしたいぐらい!

この絵本、私が多読を始めた頃だったらぜったいにギブアップ
していると思います。
手書きの英文は癖があるし、日本人でなければその文字も読
みづらい(笑)それを個性と呼ぶお国が多いようです。
(これもCool Japanで放送してましたよー)
たくさん読んだから生まれる余裕ってあるんですねー。
【2009/04/25 20:55】 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<映画「チャーリー・ウィルソン・ウォー」 | ホーム | 英語の雑誌たち>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1304-ff85c23b
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。