スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画「チャーリー・ウィルソン・ウォー」


DVDパッケージはこれで良いけど、原書表紙↓はつまらん
なぁ。既出の表紙の方が、デザイン性高いけど、映画原作
はいつだって、こんなことになるのさ。和書もか。




テキサス州選出の下院議員チャーリー。
酒と女に弱いお気楽議員生活を送る彼だが、再選5回を実績
とするカリスマ性のある議員。
ソ連がアフガニスタンに侵攻し、チャーリーはアフガニスタンの
人々の姿をニュースで目にし、気にかける。
しかし、アメリカでアフガニスタン支援のための予算は500万
ドルという少額だった。
国防歳出小委員会のメンバーだった彼は予算の増額を指示
し、それに富豪でジョージ・ワシントンの子孫、ジョアンが目を
つけた。
アフガニスタンに関しては、タリバン政権化からのものを数冊
読んでいますが、これは冷戦時代のアフガニスタンと周辺国
、アメリカ、アフガニスタンに侵攻した旧ソ連の話なので、ため
になりました。

一人の議員が成し遂げたことば結果的に凄いことですが、作
品の最後の言葉はとても響きました。

結局、ソ連をアフガニスタンから撤退させるためにアメリカの
軍事訓練を受けたといわれるオサマ・ビンラディンがアルカイ
ダ創設にかかわったとされ、ソ連撤退後に内戦が勃発し、制
圧したタリバン政権がその後、9.11テロにかかわったとされて
アメリカから攻撃され、政権を退くが、その一方でアフガニス
タンに派遣されたアメリカ軍兵士の様々な問題もあり…と、
すべて現在につながっているんですよね。

もちろん、もっとさかのぼれば第一次世界大戦とかからにな
ってきますが。

原作はもっと面白いかなぁなんて思ったり。
いやいや、いかんいかん。


【2009/04/27 00:55】 Cinema | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<洋書バーゲンに行ってみた | ホーム | Clueless in Tokyo>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1305-bd32ba2b
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。