スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
英語の料理本
あー、だるい。
今日は何を作ろう。

なんて、毎日のことです。

料理本も自分(我が家)の味でなければ旦那が黙る。
やっぱり分量などは少し我が家の味にしなければしっくり
きませんね。
案外、料理のヒントはもらっても味付けは適当だったりする
のでは、と思っています。





これは小林ケンタロウさんの料理本英語版です。

太一くんとの番組、男子ごはんを見ると楽しいんだよなー。

毎日、楽しく料理なんて、私はできません。
連休になれば、何度ごはんを作らなくてはいけないのかを
数えてしまいます。

でも、食べるならやっぱりちゃんと美味しく食べたい!
お弁当も昨夜のおかずを入れるなどワンパターンになりがち
だからこそ、こういう本に惹かれてしまうんだなー。

【2009/08/19 19:00】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<The Canary Caper ~A to Z Mysteries 3~ | ホーム | Encyclopedia Brown, Boy Detective >>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1387-9b761fdc
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。