スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法


数年前に「赤毛のアン」を愛読していたとカミングアウトした
茂木健一郎氏。
彼にとっての「赤毛のアン」とは。また、なぜそれほどに日本
人に人気のある作品となったのか、彼が考察する。
私は「赤毛のアン」が好きですが、あの生活感を真似しようと
思ったことはありません。
ここはJapan。Canadaではありません。

ところが、「赤毛のアン」と言えばその生活様式が主に取り上
げられ出版されている本が数多あります。
田舎で島の生活ですよ。毎日がきらきらするようなことばかり
ではないという現実を考えずに、素晴らしい毎日と自然に恵ま
れている生活なんてありません。
田舎に住んだことのない人が旅行だけで「田舎は良いなぁ。」
と言うようなもんです。

私は人よりもそんなに「赤毛のアン」が好きではないのでは、と
思うようになりました。
次第に私は第一巻の「赤毛のアン」が大人になればなるほど読
みづらくなるというか、アンとの距離を感じるようになりました。
彼女が成長するほうが、気持が楽に読めたのです。
それでもやっぱり私はこのシリーズが好きだったのです。

茂木氏の考察は「なるほどねー。」と思いあたることが多々あり
面白かったです。

最近は、決算を迎え仕事も忙しくA to Zを読み続けています。
書くのは、まぁそれなりの量で(笑)
ここ数か月ほど、会社や夫と話をする以外は英語で生活してい
たような毎日でした。
つまり、一人で家にいるとずっと英語。

何か脳がきゅっと縮んだような気がしてました。
そして、ふと沸き起こる日本語への渇望感。
あぁ、私ってばやっぱり日本語がらくちん。
【2009/09/06 21:44】 和書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Fireworks at the FBI ~Captal Mysteries 6~ | ホーム | The Deadly Dungeon ~A to Z Mysteries 4~>>
comments
----
 こんにちは、ナビィです。
 忙しいとき細切れ時間しかとれないときには、A to Z(Ron Royさんの作品群)とか、Zack Files あたりがちょうど良いですよね。私は通勤時間が細切れなので、このあたりを愛用してます(^^)
【2009/09/07 19:19】 URL | ナビィ #-[ 編集] |
----
ナビィさん、おはようございます。
A to Zはちょうど電車の中で読み切れるという手軽さが良いです。ただ1日1冊というペースには怖いものがありますが…。
Zack Filesはまだ読んだことがありませんが、いつか読んでみたいです。
【2009/09/08 06:02】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1395-f7e22db7
| ホーム |

calender

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。