スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Empty Chair


ISBN:9780671026011 YL7.5~8.5 124,614words

Lincoln Rhymeはサウスカロライナの小さな町のとある病院
にやってきた。
四肢麻痺を少しでも改善するための実験的手術を受けるた
めにAmelia SachsとThomと一緒にやってきた。
しかし、その手術にはリスクが伴い、Ameliaは不安に襲われ
ていた。
そんな中、地元警察から少年が二人の女性を誘拐した事件
捜査に協力してほしいという依頼があり、手術までの間に協
力することになった。
容疑者は数年前に家族を事故で失い養父母のもとで暮らし
ている昆虫好きの少年だった。
誘拐事件は時間との闘い。ましてや、見知らぬ土地と設備
が整わない中で少年の行方を追わなければならない。

あー。おとつい、台風で仕事に行けずひょんなことでもらった
時間。あまりにも面白くて、その日のうちに読了。
久々に雫の集中力を発揮した物語でした。
Lincoln Rhmeシリーズの第三作ですが、私はこれが一番
好き!なぜ、この物語が映画にならなかったかが不思議。

思わず、次の巻も読みたくなったけど手元になかった(笑)





以下、ネタばれあり。

ということで、少年の誘拐事件を解決するかに見えた物語。
ところが早々に彼は逮捕されます。
問題は、二人の女性のうち、一人はまだどこかに隠されて
いるということ。

地元警察はすでに殺しているのだろうという前提のもとに彼
を尋問します。
ところが、彼を発見したときからAmeliaは不信感を持ちます。
何かがおかしいと思う彼女はLincolnに相談しますが彼は、
受け付けません。
尋問に立ち会ったAmeliaは更に少年の罪に対する疑問を
持ちます。そして、とうとうAmeliaは・・・・。

Lincol RhymeとAmeliaが捜査を挟んで対立するような様相
に読者は驚かされて、どうなるのかドキドキします。
小さな町の地元警察特有のあり方が絡み、捜査はうまく運
ばず、さらにAmeliaは窮地に立たされます。
で、さらに何度もあれや、これやとありジェットコースターに
乗っているようなスピード感で一気に最後まで読みました。
【2009/10/10 09:00】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<はじめての英語手帳ドリル | ホーム | Kindle上陸>>
comments
--面白そう--
おひさしぶりです!
こういうミステリー系って長らく読んでませんが、雫さんがあまりにも面白そうに読んでるので私も気になってきました!まずはBone Collectorからでしょうか。
今度読んでみたいと思います!
【2009/10/10 21:34】 URL | hazel #5eabF6y.[ 編集] |
--hazelさんへ--
おはようございます!
ミステリーは私も久々です。でもハマってしまいました(笑)最初はグロテスクな描写があり、辛かったですが2巻目からはそんな描写もなく、文章にも慣れたせいか読みやすくなりました。ぜひ、hazelさんも!
【2009/10/11 07:26】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1423-253d56b8
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。