スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以外に日本人だけ知らない日本史


我が夫は本を読みません。
我が夫は歴史が苦手です。
しかし、彼の隣には本に埋もれ、江戸を中心にあらゆる
時代を旅する私がいます。

いやいや、彼は歴史や日本について無関心なわけではあり
ません。
かつて幼稚園の受験、中学の受験、大学の受験を乗り越え
てきた彼にとって勉強とは「合格」が目的だったのです。

ですから、歴史は暗記。
本は教科書。
私の影響からか、歴史は単なる年号ではなく繰り返される
人生模様だと気づいた夫。
そんな彼が自分にとって読みやすい本を探し始めて見つけた
のがデュラン・れいこさんの著書でした。

彼女は歴史学者ではありません。
しかし、興味あるものを自分なりに調べている姿は親しみが
あり、学者でない彼女がさまざまな出会いから色々なことに
興味を持っている様子はもしかして、私が英語でこうなりた
いと思っている姿のような気がしてなりません。

何ヶ国語も話せ、読んだりできる人には英語一つで四苦八苦
している私はアホっぽいでしょう。
確かにね。英語だけが話せたからどうなるってもんでもない
のに、それでもダメダメなのは笑えます。
でも唯一、一つの外国語と接するだけでも自分には思いも
よらない考え方や文化的背景や歴史などがあることを知ると
飽きないんですよねぇ。

ところで、デュラン・れいこさんというお名前から勝手に萬田
久子さんのような雰囲気を想像していた私。
お写真を見て、「すぐそばにいるおばちゃん」という雰囲気に
安心感さえありました・・・・。
だけど、本を読んでいると彼女の魅力をとっても感じます。

本を読まないわが夫。
たまにヒットな本を掘り出してくるので偉い!
【2009/12/11 06:13】 和書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<雫父、語る。 | ホーム | おいおい、そっち系?>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1465-637a48a6
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。