スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
関西弁のニュアンス
関東にいながら、わが社は取締役全員が関西人。
しかもどちらかというとディープな地域の(笑)
ま、わしも人のことは言えませんがね。

そのせいか、彼らの「ここまではええけど、ここからは絶対
にあかんで!」という我慢のボーダーラインを理解できます。

ところが、関東出身の人々には冗談にしか聞こえないようで
ときどき、彼らが笑っているのを見て「いや、今、自分はめ
っちゃ嫌味言われているのに!めっちゃ怒られているのに笑
っている場合ちゃうで~。(汗)」と思うのです。

だったら、わかりやすく叱ってくれたらいいのに。

なんて思います?
実はそこをあまりストレートにしないことがスマートなと
ころというのがあるんですよね。

今日もわがボスが男性社員に向かってかなり我慢の限界を
関西弁で訴えていましたが、笑われて終わりました(笑)
あぁ、日本語でさえこんなに説明できないニュアンスがあ
るのに。定義なんてかなわないことがあるのに。
体験しなきゃ、わからんっちゅうことですよね。
体験していても、わからんのにほかにどうやって知りえる
のか?というと実際にはないんですね。

言葉ってほんまに難しいなぁ。
【2009/12/17 21:40】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Lightning | ホーム | 日本語は難しい>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1469-a5945564
| ホーム |

calender

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。