スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Summer on Blossom Street
Summer on Blossom StreetSummer on Blossom Street
(2010/04/27)
Debbie Macomber

商品詳細を見る


さすがだ。
1年、楽しみに待っていたBlossom Streetのシリーズ最新巻。
まずは、とても読みやすい。特に今回は、物語に引っ張られた読みやすさではなくて、自分の理解度が深まったと感じたのでなおさらかもしれません。


以下、ねたばれあり。
A Good Yarnのオーナー、Lydia。今回のニットクラスのテーマは"Knit to Quit"になり、3人の生徒が集まりました。
1人は婚約破棄後も復縁を迫る男性との関係。
1人は仕事のプレッシャーから高血圧の治療の一環としてリラックス法として勧められ。
1人は妊娠のためにもタバコをやめたい。

そんな3人を中心に、前作のAnne Marieには、フランスに旅行中に男性が訪ねてきて。
Lydiaは家族と話した結果、養子を迎えることにしたのに、希望の赤ちゃんではなくて
12歳の少女を急に預ることに。

これ以上、書けませんが絶対にこの続きがまた出ることを確信して安心しました。

結局、ほぼ1日でほとんどを読んでしまいました。
今朝は電車が遅れていて、のろのろ運転で最後の50ページを読みきってしまうし。
シリーズの1冊目から読み返そうかななんて思いました。



【2010/05/06 09:43】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<The Vanished Man | ホーム | ボキャ本>>
comments
--What a coincidence!--
雫さん、お久しぶりです。
実は、私も昨日同じ本を読み終えたところです!!
この5月に次の本が出る予定、とDebbie Macomberのホームページに書いてありました。
彼女はdyslexiaなのだそうです。なのに小説家になりたくて書き続けたとか・・・。そういうところから、heartwarmingな物語が生まれるのかもしれませんね。

今朝、いつもDebbieの本を貸しているネイティブの友人に「どうぞ!」と貸してきました。
【2010/05/06 22:34】 URL | Whiskers #-[ 編集] |
----
Whiskersさん、こんばんは!この本を読み始めてすぐにあなたの名前が浮かびました(笑)
予想もつかないような物語ではありませんが、読み終わるといつもHappyな気持ちになります。だからChristmasなんて特に読みたくなるのかも。最新刊はこの本の中でも紹介されてましたよね。気になりました。ミステリーばかり読んでいるとその世界観から抜けて違うジャンルが無性に恋しくなります。良い気分転換になりました。また続きが楽しみです!
【2010/05/06 23:50】 URL | Shizuku #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1513-0a8f1dac
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。