スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ぼきゃ
そもそも語彙や単語に特化して何かをするなんてことは多読を始めてからというものの、興味がなかったのですが最近、我が家のテーブルには英語関係の本がたくさんあります。

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

うちのお父ちゃんの本です。
(というか、私が買ってみたけど見ないままお父ちゃんが自分のものにしてしまいました。)

今日、この本を始めて開いてみました。
(私が買ったのに。1600円返して。いや、高いな。)
半分ぐらいざっと目を通してわかりました。多読ですべてイメージできる言葉ばかりで、初めて目にするものもありませんでした。

ということは…

TOEICに合わせて多読・多聴をやっていたわけではありませんが、カバーできる部分もあるということです。
ハイスコアの場合がどうなのかは私にはわかりませんが、私には単語帳なるものはあまり必要ないようです。

私の多読はこんな感じ。

①たまに手に取る絵本やORTや児童書
②メインでPB
③The Japan Timesの斜め読み
④雑誌Smithsonianの定期購読(今月号も面白そう!!)

多聴のほうは

①アメリカンドラマ(最初は日本語字幕で見てます)
②podcastで適当にニュース

先日、「Lの世界」一挙放送を見ていてTOEICの基本単語と呼ばれているようなmassiveやexpandという言葉が出てきました。レ○ビアンの世界にTOEICで出るような単語?ということではなく、会話で当たり前に使われいてる言葉だから、その言葉に「重要」なんてつける必要はないと思います。
ここを気をつけんといかんですな。本当は重要とか重要でない言葉とかないんですよね。こんなことを言っている私はたぶん、スコアなんてひっくいんでしょうね(笑)

wasteという言葉も、"waste of time"とさっと脳に閃いて音を聞いた途端にイメージできたし、私はそれで良いのです。
音から、文字からこういうことを自然と受け取っていけるのが多読・多聴だと思います。massiveもexpandも音を聞いて思い出したけど、スペルはどこかで見ているからこれであっているはず。これもまた多読・多聴効果と言えばそうです。違ってたら、すみません(笑)
となると、公式問題集で本当にイメージできない言葉だけを何とかすれば良いという酒井先生のアドバイスは忙しい私にはとても有効なのです!

【2010/07/11 16:05】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<おとうちゃんのひとこと | ホーム | 「借りぐらしのアリエッティ」原作>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1522-b89901ce
| ホーム |

calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。