スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
武士の家計簿
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
(2003/04/10)
磯田 道史

商品詳細を見る


加賀百万石、前田藩の下級武士の日記や家内の家計簿など大量の資料がみつかった。そこから紐解かれたのは幕末から明治維新と動乱の時期を生きた一士族の生活だった。
いやいや、ちびちびしか読めなかったけど、面白かったー。
とかく今はNHK大河「龍馬伝」で幕末が注目されているだけあって、政治に参加していなかった一武士とその家族はどのような幕末、明治を迎えたのかとても気になっていて、本書はまさにそれを明らかにしてくれる内容でした。

猪山家は代々、藩のそろばん係、今でいう財務経理関係の仕事をしている武士でした。ところが、そのお役目は少し軽んじられるものであり、権威や身分からいえば「金の計算で食っている武士」は恥ずかしいというところでしょうか。
しかし江戸末期の武士、とくに下級武士の暮らしは収支バランスが崩れていて、借金で首がまわらなくなるのもあたり前になっていてこの猪山家も例外ではありませんでした。
そこで、猪山家では家にある金目のものを処分して借金返済の大胆な策を打ち出します。これが後々の猪山家の前途を安心なものにするのですが…。

攘夷だ、維新だと叫んだ武士も政治的には日本を引っ張ってきたようでも、人を動かす計算には長けておらず加賀100万石という大大名藩に仕えていた猪山氏の実務経験が注目を浴び、明治新政府では海軍に関係する仕事につくことから、維新後の名ばかりの氏族で生計が立てれなかったものよりも身分を超えた能力で安定した職に就き一家は平穏な生活を送れることになります。

変化が激しい日本の波に呑まれるものを横で見ながら、呑まれまいと資金運用し、子供も実務で立身出世するようにスパルタ教育をする猪山家の様子がとても面白く、新政府に仕えながらも気持ちはいまだに前田家にある士族としての割り切れない切なさも、昔のことではなく現代ととても共通するところがありました。

【2010/08/22 12:59】 和書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Divine Secters of the Ya-Ya Sisterhood | ホーム | My Secret War (Dear America)>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/1526-9fa9e0ee
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。