スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画のご紹介
ここで紹介している映画はどちらかというと洋書で読んだ
ものに関連していたり、聞き取りが楽かなぁというような
映画にしています。

映画は大好きで大阪にいた頃までは良く見に行っていまし
たが、ここは一番近い映画館まで車で2時間はかかる田舎。
今はスカパーや衛星放送中心にしか見ていませんが自分で
選ぶと偏るだけにスカパーは色々なジャンルを見れて優れ
モノです。

純粋に最近見て良かった映画をご紹介します(*´∇`*)
ちなみに余程じゃないと私は「しょうもなっ!」と叫びま
せん。どんな映画でも多分受け取れるメッセージがあると
思っています。なのでめっちゃお勧めかと言われると自信
がありません。レンタルするときに思い出してもらえれば
幸いです♪

蝶の舌

1936年、病弱なモンチョは遅れて小学校に入学した。
モンチョはグレゴリオ先生と出会い、学校だけではなく野原
で自然についても教えてもらう。
老教師と少年の穏やかな日々にスペイン内乱の影が迫る。

小さな牧歌的な景色の村にもスペイン内乱の影響が次第に
色濃くなってきます。グレゴリオ先生との突然の別れにモン
チョがとった行動は・・・。


バティニョールおじさん

ナチス占領下のパリで肉屋を営んでいるバティニョール。
娘が付き合っている売れない劇作家はナチスの手先になり、
隣に住んでいるユダヤ人一家を密告する。その豪華な家に
住むことになったバティニョール一家。
そこにある日住んでいたユダヤ人一家の息子が尋ねてくる。

その時代を上手く乗り切ってやろうとする人々はナチスに
近づきますが、第一次世界大戦に出征したバティニョール
おじさんはそうしたくない。でもナチスに反抗するほどの
勇気もない。悲惨なシーンも出てこないホロコースト映画
ですが、占領下のパリと市民の生活が垣間見れる映画です。


ベッカムに恋して

イギリスに住んでいるインド一家の次女ジェスはサッカーが
大好きでベッカムのファン。女子サッカーチームに誘われて
所属しますが両親は大反対。

Penguin、Oxford、Cambridge・・・多読を始めてイギリスの本
を読むことが多くなった気がします。イギリス映画で町や
人々の食生活、性格を見ていると本を読むときに雰囲気を
思い出して参考になることもあります。
この映画は青春ドラマそのものです。ジェス役のパーミン
ダ・ナーグラさんはNHK-BS2で放映中の「erⅩ」に出演中
です。


リトル・ダンサー DTSエディション

1984年、イングランド東部の炭坑で働く父親と兄。そして
祖母。母親を亡くしたビリーは父親の勧めでボクシングを
習いに行くが、隣で開かれるバレエ教室でバレエに魅せら
れ、秘かにレッスンを始める。

夢、家族。やっぱり大切にしたいものですね。ひょんな事
でバレエと出会うビリーの未来は?最後のシーンで私は成
長したビリーにただただ驚き何度もそのシーンを繰り返し
て見ました。一瞬の輝きを楽しんで下さい。


アントワン・フィッシャー きみの帰る場所<特別編>

新人海兵隊員のアントワンは些細なことですぐにカッとなり
喧嘩をしてしまう問題児。上司から精神科医のカウンセリン
グを受けるよう命じられる。アントワンはしぶしぶ精神科医
ダヴェンポートのもとに訪れるが、何も話そうとせず心を開
かなかった。

デンゼル・ワシントン大好きです(*´∇`*)
たくさんの作品に出演している彼ですが、この作品は彼自ら
が監督・出演している作品です。地味な内容かもしれません。
ダヴェンポートとアントワンはお互いに影響しあうのですが
ネタバレしそうなので、このへんで(笑)

他にもまだまだたくさんの映画を紹介したいのですがまたの
機会に♪





【2005/08/17 17:48】 Cinema | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<Raymond Savignac | ホーム | 奇跡の旅>>
comments
--映画!--
 洋書に続いて映画までお勧めされるとはっ!!雫さんにおススメされてしまうと、どうにも気になってしまう私ですが、見事なまでにすべての作品を見ていません。「蝶の舌」だけは前から気になっていて、機会があれば見たいなぁとは思っていたんですが。
 ちなみに、デンゼル・ワシントンといえば、私は断然「ジョンQ」です。
【2005/08/17 21:43】 URL | きくらげ(kikuraget) #-[ 編集] |
--きくらげさんへ--
色々と気になる雫です(笑)あれもこれも浅く広くな人間なんですぅ(*´∇`*)
「蝶の舌」ですが、こりゃ聞き取りはスペイン語なんで辛いのですが、お勧めします。静かな映画ですが徐々に恐怖が迫ってくるようです。
「ジョンQ」見ました!「蝶の舌」を見終わったときの気持ちが対照的です。とても緊迫したストーリーでしたよね。デンゼルワシントンは軍人、記者、弁護士、FBI捜査官と色々な役が多いですね。
【2005/08/17 22:38】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--リトルダンサー--
リトルダンサー大好きです!
バレエ マシューボーンのSwan Lakeが東京に来た時に観に行きました。その時友人に「先にこの映画を観ておくといいよ」と勧められて見たのです。最後のシーンでは私も鳥肌モノでした♪(実際のSwanLakeでは映画と違うダンサーでしたが。。)
【2005/08/18 15:42】 URL | pao #-[ 編集] |
--paoさんへ--
おぉ、Swan Lakeと言えば最近はアダム・クーパーじゃなかったですよね。最後のシーン、ゾッときますよね。何度も繰り返してみました。あれでアダム・クーパーに惚れた普通の人です(笑)
http://www.h4.dion.ne.jp/~wsdsck/contents/conntennts_log/adam1.htm
この顔ですよね(*´∇`*)
【2005/08/18 22:20】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/214-9b155239
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。