FC2ブログ




The Snow Goose

The Snow Goose and Other Stories (Penguin Readers, Level 3)

Phillpは古い灯台で絵を描きながら孤独に暮らしていた。
ここを訪れる鳥たちはPhillpが決して自分たちを傷つけ
たりしないことをしっていて、この古い灯台は安全な場所
だった。ある日、一人の少女が鳥を抱えてPhillipの元を
訪ねてきた。

恥ずかしながら洋書を読み始めて初めて知るPaul Gallico
という作家。中でも有名な三話がこのGRです。
Paul Gallicoはニューヨーク生まれの作家で映画「ポセイド
ン・アドベンチャー」の原作者でもあります。映画は何度も
見ているけど原作者とは知らなかった!!
"The Snow Goose"は1941年O・ヘンリー(!)賞を受賞して
います。

三話のうち"The Snow Goose"はタドキストの中でも評価の
高い話で、比較的後の二話は置き去り感がありました。
この"The Snow Goose"読みたさに買っておきながら、二話
はあまり面白く無さそうだと勝手に読む前から思っていま
した。

読み始めて・・・三話とも私は好きです。これは原作を読み
たい話です。このGRだけで評価するのは厳しすぎる!
三話とも人との出会いに偶然なんかなく全てどこか大きな
世界の中で必然なんだと思えるような話でした。
原書でなく省略の多いGRなので気に入った話があったら
原書があるかどうか探すことが楽しくなってきています。


The Snow Goose (Essential.penguin S.)

これはやっぱり読みたいな。

久々のGR(しかもPenguinだよ!)でYL3.2。
何だか久しぶりに里帰りした気持ちになりました(笑)

ISBN:0582426952 YL(3.2) 総語数12,000words

【2005/10/19 13:43】 GR | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<お気に入り | ホーム | まだ早いけど>>
comments
----
おぉ!
私が電車の中で泣いたGRだ~。
The Snow Gooseだけじゃなくて他の2話もよいですよね?再読リストに入れて置こうっと
【2005/10/20 12:27】 URL | 早美 #-[ 編集] |
--早美さんへ--
良いお話でしたよね!The Snow Goose以外も良いお話でした!原作に興味が出てきましたよ。
どうも"The Snow Goose"は映画ではなくてドラマになっているのでは・・・と思っています。Penguinの挿絵ならぬ写真を見ても思っていたのですが、短編映画かドラマかと。再読もしくは原書はどうでしょう♪
【2005/10/20 12:43】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/320-fd7d4d0c
| ホーム |

calender

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

monthly

category

links

material