FC2ブログ




Sarah,Plain and Tall

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga (Paperback))

AnnaとCalebは農場を営む父と三人で暮らしていた。
Calebが生まれる時に母親は死んでしまった。そんなある日
父が再婚相手募集の広告を出して、一人の女性から手紙が
来た。Annnaたちが住むから遠いMaine州の海辺の町からの
手紙だった。黄色いボンネットをかぶった女性Sarahが親子
のもとにやってきた。

Annaは面倒見の良い女の子で、弟のCalebは天真爛漫と言っ
た感じです。Papaは二人の子供の良き父親です。
でもこの家族には母親がいないという大きな穴がぽっかりと
あいていて話のところどころでそれを感じます。
多くのタドキストの高評価を得ているシリーズ第一作目。
二作目から更に物語りは展開するだろうという予感。
この物語、これからどんどん面白くなるんだろうなと期待大
です。

同時に当時通信網や交通手段が今の様に発達していなかっ
たとは言え、顔も見たことのない男性の所に手紙だけでやっ
て来なければならなかったSarahの事情とは・・・。
Sarahの兄が結婚したことで、彼女は身の置きどころがなくな
ってしまいます。彼女が戻る場所は故郷にはもう無い訳です。
アメリカ・カナダの女性参政権獲得も20世紀第一次世界大戦
中から終了にかけてのことです。19世紀が舞台のこの物語
に女性に男性と平等な権利があったとは考えられません。
色々な意味で自分が安定した将来を考えるとき、結婚が一番
ポピュラーな選択だったのではないでしょうか。

開拓時代からアメリカでは男性の影で女性が大きな役割を
担っていました。農場での生活は慣れない者にとって苦労の
連続だったでしょう。Sarahは今までの自分の人生とは全く
違う環境に自分を置きます。単に遠いからホームシックだと
いうよりは決して以前の、娘時代の自分には戻れない哀しみ
をSarahに感じるのです。
救いは、家族を束ねる母親・妻を亡くした家族がSarah個人
を必要としているところです。お互いが今の自分の「Home」
であることを感じたとき、本当にこの人たちが家族になった
瞬間だと思います。

ま、妄想しながら読んでいるということで(笑)
二冊目からも楽しみです(*´∇`*)
ローラのお話はこの家族よりもちと時代が前倒しだと思い
ます。Sarahのシリーズで農場が出来るまでのアメリカに興
味のある方はLittle House SeriesへGO!

ISBN:0064402053 YL(3.0~4.0) 総語数8,251words


NHKドラマ「潮風のサラ」1~3を過去に放映しています。
NHKドラマを見ていて題名も覚えてなく忘れていたら児童書
がらみで思い出すことがあります。これもそうだった・・・。
NHK海外ドラマは30分物以外にもチェックしてみて下さい。
児童書で有名なものがあるかもしれませんよ!
もう一度見たいなー。NHKにリクエストしてみようか。
そう言えば女医さんと家族のドラマもあったけど題名忘れ
ました。(誰か知っていたら教えて下さいな)

Sarah, Plain and Tall
Skylark
Winter's End

Sarah役Glenn Closeは全米の男性を恐怖に陥れた「危険な
情事」のマイケル・ダグラス扮する男性の不倫相手役で知
っている方も多いかと。
Papa役Christopher Walkenは「CATCH ME IF YOU CAN」で
ディカプリオ演ずるフランク・W・アバグネイルの父親役
で出演、22日昨日公開の「ドミノ」(キーラ・ナイトレイ)
にも出演しています。
【2005/10/23 14:00】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Skylark | ホーム | Kira-Kira>>
comments
--おおっ--
 TBありがとうございました。早速読まれたのですね。
 …っつーか、シリーズ4冊すべて読破しているし!すげぇ!
 正直この本は期待がものすごく大きかったので、途中までの淡々とした感じが多少退屈に感じられたんですが、後半から読んでいるこっちもなんだか胸をぐっとつかまれてしまい、なんだかさわやかな読後感を得ることが出来ました。
 しかも続きがある楽しさ。こういうの、なんだかうれしいですよね。
【2005/10/27 20:22】 URL | きくらげ #-[ 編集] |
--きくらげさんへ--
もうスルスルっと4冊を読了しました。
この一冊目の前半は家族の紹介的なところがありましたよね。でも4冊通して読んだらやっぱりこのシリーズは良い本でした。作者の凄さというのか・・・。やさしい言葉でここまで色々と考えたりできるって凄いなぁと思いました。
きくらげさん、続きも楽しんで下さいね!
【2005/10/28 08:30】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/328-14d53391
| ホーム |

calender

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

monthly

category

links

material