スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
On the Banks of Plum Creek

On the Banks of Plum Creek (Little House)

インディアン居留区から幌馬車の旅に出たLauraと家族が
落ち着いたのはMinnesotaのPlum Creekのそば。
広大で肥沃な土地にPaは小麦収穫を夢見て一家はここで
暮らすことになる。


色々と寄り道しましたが、戻って読了。
ここは今までLauraが住んできた場所とは違い、町もあり学
校も教会もあります。そしてLauraとMaryは学校に通い新し
い経験をします。
ところが、Paが家を建てる前は土手の横穴で暮らしていま
した。今から考えると信じられないでしょうが、大草原は
もともと木がないので家を建てれるほどの材木を確保でき
ないのです。しかも高価だったため開拓者は資金がなかっ
たはずです。この時代、ドア無し、屋根無しは結構普通だ
ったようです。でも生活は不便なのでPaがここで屋根もあり
窓ガラスも入っている家を建てたことは相当な贅沢だった
はずです。そう、小麦の収穫を当てにして。

この巻では19世紀アメリカ農業に大きい打撃を与えたイナ
ゴの被害が出てきます。旱魃もありました。
ここからIngalls一家は辛い生活の始まりです。
次の"By the Shores of Silver Lake"との間には2年間の
空白があります。これはIngalls家にとって辛いことばか
りでLaura自身も物語にしなかったということです。

イナゴの被害、旱魃でIngalls一家の生活は苦しくなりPa
は出稼ぎにでます。(だって家も先に建ててるんだもの)
そんな時、実はIgalls家に初めての男の子が誕生します。
家族にとって、特にPaにとっては待望の男の子だったでし
ょう。ところが、この子は翌年には亡くなってしまいます。
そしてMaryの失明へと繋がります。
"By the Shores of Silver Lake"では妹グレイスが突然出
てきます。空白のためにそうなったものだと思います。

肥沃で広大な土地、Minnesotaで膨らんだPaとMaの夢の生活
は終わりを告げます。
そして苦境を家族で力を合わせて乗り切ろうとします。
またそれが開拓者の精神だったのでしょう。

ISBN:0064400042 YL(4.5) 総語数56,879words



【2005/10/27 16:08】 Little House Books | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<NANA | ホーム | More Perfect than the Moon>>
comments
--ふむ、ふむ。ふむ、ふむ。--
まさに私のために書かれたような(エ?ずうずうしい?)解説記事!
すばらしいです。雫さん、尊敬します!

土手の横穴住居も最初はぱっとイメージ湧きませんでしたが、そうか大草原は木がないから貴重なものだったんですね。そういう背景を考えるとあのイナゴの被害はどんなに家族をうちのめしたことでしょう。すべてを小麦の収穫便りで前借状態でしたものね。
この間初めて読んだMagic Tree Houseでもこの辺にちょっと触れてあって「ははーん」と思ったんです。

このあとに2年の空白があるのですね。これ以上につらいことがあったなんて…。想像上のお話の方も読んでみたくなりました。
【2005/10/30 12:33】 URL | sui #DjOCIH06[ 編集] |
--suiさんへ--
好きなことにはどんどん興味が出ますよね。そこらへんは主人公Lauraみたいかもしれません(笑)
イナゴ被害と旱魃は当時の開拓者にとって死活問題でしたね。この物語の中でLauraとMaryの友達も家族と共に土地を手放して去っています。二年間の空白ですが、これはCynthiaさんが想像はしていますがどうも発見されたメモを参考に書かれているので真実味もあるのでは、と思います。いかん。語り出すと巻物コメントになりそうです~(笑)
【2005/10/30 17:25】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/337-6c3dbd2a
On the Banks of Plum Creek
On the Banks of Plum Creek (Little House)Laura Ingalls Wilder Garth Williams Trophy Pr 1973-03by G-Toolsようやく読了です。は~面白かった!9歳になったローラ。インガルス一家はミネソタの大草原へと移 Book Cafe【2006/03/30 14:06】
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。