FC2ブログ




多読に出てくる本と映画
映画とGR。表紙に良く映画の一シーンが使われていますね。
映画が良いといってGRが読みやすいとは限りませんがね。
OxfordでTim様が書かれている"Mutiny on the Bounty"。
私は読んでいなかった!表紙がメル・ギブソンですよね。

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)

GRの表紙にもなっている映画は「バウンティ~愛と反乱の
航海」と言います。
出演がメル・ギブソン、アンソニー・ホプキンス。
製作が1984年米なのでリーサル・ウェポンとマッド・マック
スとの間ぐらいでしょうか。あ、もう21年も前だ・・・。

1987年12月23日バウンティ号は、王の命令でパンの苗木を
タヒチから西インド諸島へ運ぶため、英国を出帆した。
艦長ブライ大尉(アンソニー・ホプキンス)は航海を急ぐ
がケープホーン付近の航海に失敗し副官クリスチャン(メ
ル・ギブソン)を降格する。


私が見たことのあるバウンティものは1962年米製作。
マーロン・ブランド主演(と言って知っている人が少ないよ
うな気がする)の「戦艦バウンティ」。
こちらはブライ艦長が自分勝手で横暴で船員からも恐れら
れていると共にクリスチャンと相容れないとう個人的な感
情も絡んでいます。個人的にこのマーロン・ブランドは面白
いなーと思いました。この映画は3時間でした・・・。

もっと古いのは1935年米製作。
「戦艦バウンティ号の叛乱」で主演がクラーク・ゲーブル。

戦艦バウンティ号の叛乱

若いクラーク・ゲーブルが青臭い感じですね(・_・;)
彼は「風と共に去りぬ」が一番有名ですね。

さて、最近Brontё姉妹に気を取られている私。
「ジェーン・エア」も映画で見ましたが、過去5回も映画化さ
れているといてば「嵐が丘」です。
原作にもっとも忠実だと言われているのが主演ジュリエット
・ビノシュの1992年のもの。

嵐が丘

ジュリエット・ビノシュは「ショコラ」でジョニデと共演している
フランスの女優です。ヒースクリフ役のレイフ・ファインズが
また良いのです。彼はこの映画の後「シンドラーのリスト」
「イングリッシュ・ペイシェント」「プリンス・オブ・エジプト」
(声優)に出演しています。

GRや憧れている原書が原作になっている映画を見るのが夢
でした。最近は楽しみに変っています。
夜、ちょっと読書が辛いかなー、飽きたかなーという時に
こんな映画を見てみるのはいかがでしょう。
但し、映画と本は必ずイコールになっていません。
そこは覚悟を!!(特にPenguin~!)

【2005/10/30 22:03】 Cinema | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<ジェイン・エアと嵐が丘 | ホーム | By the Shores of Silver Lake>>
comments
----
そうですね、始めは映画になっているGRの方が読みやすいと思っていました。
映画によっては、スクリーンの方が良すぎてつまらないケースもありますよね。

でも『風とともに去りぬ』みたいな過去の名作は、
GRとかで先に読んで見たいですね。
【2005/10/31 05:48】 URL | でぶねも #6x2ZnSGE[ 編集] |
--え?--
え?映画と本(GR)ってイコールじゃないんですか?Penguinって完全な映画のリライトと思っていましたよ。へぇこれは覚えておかなきゃ(^^;)嵐が丘はその原作を元に日本に置き換えて製作された松田優作主演のものを見ました。だいぶ原作から離れているようですが彼の鬼気迫る演技がすごかったぁ。
【2005/10/31 10:06】 URL | pao #-[ 編集] |
--おはようございます!--
☆彡でぶねもさんへ
私も映画になっているGRが読みやすいと思いましたが、話が途切れていたり少し違ったりして投げ出した本があります。あれからGRで映画モノは選ばなくなりました。
風と共に去りぬは長い映画ですよねー。GRで読むならPenguin以外で探してみます(笑)

☆彡paoさんへ
映画のシーンが表紙でも、映画の話をリライトしていないものがあります。だから気をつけて下さいね!
邦画嵐が丘、知っていますよ~。ちょっと独特な雰囲気ですよね。もしもGRなんかで嵐が丘に興味があればジュリエット・ビノシュの出ている映画見てみてくださいね♪
【2005/10/31 11:05】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
「嵐が丘」も紹介してくださってありがとうございます!!
ジュリエット・ビノシュなんですね。
うれしいぃぃ。これは絶対見なければ!
フランスの女優さんてとても好きなんです。
イザベル・アジャーニなんてもう大好きです(*^_^*)

「ジェーン・エア」借りてきましたよ~。
ちびすけが夜なかなか寝てくれないのでまだ見てないんですけどね。落ち着いて集中してみたいので、今日こそは早く寝かせなくちゃ^^
【2005/10/31 14:22】 URL | すいかちゃん #-[ 編集] |
--すいかさんへ--
イザベル・アジャーニも大好きですよ!「王妃マルゴ」なんて妖艶すぎて驚きました。
ジュリエット・ビノシュの「嵐が丘」は映像が素晴らしいです。「ジェーン・エア」に続いて見ると圧倒されると思います。ちびすけくん、今日はママのために早く寝てあげて下さいな♪ママはまったりと映画で夢の中に!
【2005/10/31 15:13】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--クラーク・ゲーブル(笑)--
雫さん、ほんとにお詳しいですね~っ>映画
Mutiny on the Bountyでクラーク・ゲーブルまで遡るとは思いもよりませんでした。
彼のことは「風と共に去りぬ」でしか知りませんが、こんな映画にも出ていたんですね。顔が若いですぅ~。

【2005/11/02 12:38】 URL | 有希 #m6pSOb.I[ 編集] |
--有希さんへ--
わりと古い映画を見ているので、知っていたりします。
あ、でも私は一応30代ですから(笑)衛星が出来る前は子供心にNHKの世界名作劇場が楽しみでした。
カサブランカなども全てNHKで見ましたよ♪
何だか青臭いクラーク・ゲーブルには笑います(^_^;)
マーロン・ブランドはなかなかのものだったかもしれません。複雑な心境が分かりやすい演技でした。
【2005/11/02 15:27】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/355-00c6e0c6
| ホーム |

calender

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

monthly

category

links

material