スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Giraffe and the Pelly and Me
0141302283The Giraffe and the Pelly and Me
Roald Dahl Quentin Blake

Puffin 1998-09-01
売り上げランキング : 49,171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昔お菓子屋が入っていた建物は今では売りに出されていていた。
ビリーはお菓子屋をするのが夢でその建物をいつも見ていた。
ある日、通りかかるとその建物は売れていた。そこにいたのは
キリンとペリカンとサルだった。
ユニークな動物が窓拭きの仕事に向った先で大活躍!
動物それぞれの特徴がユニークに描かれ長所を生かした窓拭き
の仕事がうまくいきそうな予感。
最後はDahl作品でおなじみの人の名前も出たりして、それだけ
でも嬉しかったです。

今日は先に毒Dahalを読んでいたので、この物語が和み系に思え
ました。Dahlの本はYLが低くても結構知らない単語がゾロゾロ
出てくることが多く、難しく感じます。この本は挿絵からも想像し
やすいです。最初にとまどう単語も何のことか分かって、クスクス
笑ってしまう場面もありました。レベル3のDahl作品では一番
読みやすいと思います。

ISBN: 0141302283 
よみやすさレベル(3.5) 総語数6,823words

【2005/06/16 17:28】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Roald Dahl's Revolting Rhymes | ホーム | Alexander and the Wind-Up Mouse>>
comments
--はて?--
私も今日読みましたよ~。コレ。
で、こちらにTB設定したのですがどうもハジかれてしまって。。残念。コメントで許してくださ~い。
【2005/10/02 01:12】 URL | pao #-[ 編集] |
--paoさんへ--
ほぇー、TBなぜにあかんかったかなぁ・・・。お手数をおかけしました!
Dahlの中では毒がなくて読みやすいですよねー。語数もちょいど良い感じです(*´∇`*)
今週は結局浮き足立ってあまり読めませんでした(笑)
【2005/10/02 10:32】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/44-7e381cfb
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。