スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
My Sister's Keeper 途中経過



Kateは幼い頃に白血病にかかり、治療法も難しいとされて
いた。母Saraが希望するのは息子Jessieではできなかった
血液・臓器のドナーとなりえる子供をもう一人産むことだ
った。そして、Kateの妹Annaは幼いころからドナーを続け
13歳になった。
Annaは弁護士を雇って自分が自分の体をどうするか選択
できる権利のために両親を訴える。

大きな病気の子供とその両親、また健康だけど喪失感がつ
きまとって離れない兄と妹。夫婦の考え方の違い。
とても重いテーマですが、一章ずつがそう長くなく登場人
物が入れ替わってそれぞれの視線で物語が進行するので、
気分転換もしやすく思った以上に早く読み進んでいます。
残り1/3で物語はどうなっていくのか検討もつきません。
読んでいる感じではRocket Boysと同じぐらいと思うので
YL7あたりだと思っています。
JessieやAnnaの章になると比較的読みやすいです。

PBや語数が多い本を読むときに目安としている単位があり
ます。本を片手で軽く持つと背表紙とは反対の開いている方
が約2,3mmごとに広がります。(製本によります)
↓こんな感じ。
book

「今日はこの固まり何個読んだからいいや」とか「面白くて
予定よりたくさんの固まりを読んだなぁ」などそれだけの
ことですが、いつの間にか始まりました。
決まりや目標じゃないけど何となく何個読んだかで安心
できるのです。

ただそれだけですが、人が集まれば案外私のようなクセ
や自分の方法みたいなものを持っていると思います。
それを酒井先生は「面白いなぁ~」と楽しまれていました。
本を挟んで話が弾むことが楽しいです。
ある意味、英語に関してはそっちのけです。


人気Blogランキング
【2006/03/09 17:15】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<洋書を読む | ホーム | The Cat who Went to Heaven>>
comments
--ごあいさつ--
雫さん、みーっけ!
楽しみが増えました。うれしいな。

それにしても、すごいペースだー
(ソラマメが気になるemmieでした)


【2006/03/09 19:21】 URL | emmie #-[ 編集] |
--きゃあ~♪--
emmieさんにめっかった(*´∇`*)
楽しみにしていただけると嬉しいです♪
今はザクザク読んでいますが、またどこで停滞するかが謎です(笑)そのときは待機しているやさしい本で癒される予定です♪
ソラマメ、ええ感じですか~?このソラマメ、私も気に入ったのです♪
【2006/03/09 23:17】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/529-a845d80f
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。