FC2ブログ




Spotty


ISBN:0395837324 YL2.0 1,900words

お母さんうさぎは戸惑いを隠せません。
9羽の子うさぎのうち8羽は真っ白でピンクの耳にピンク
の目なのに1羽だけは茶色のぶちがあって目はブルーです。
これは・・・本当にヘビーです。テーマはズバリ「差別」。
大人(のうさぎ)の愚かさに憤りを感じました。助けられ
たのは子うさ達の素直で純粋な言葉です。

お子様のいらっしゃるご家庭はぜひ、この本を一緒に読ん
で色々とお話をしてみて下さい。
読み聞かせというよりは、「ねぇ、どうしよう」と一緒に考
えてみてほしいのです。私もゆうとゆらに読みたいです。
どうなるんだろう、どうしようと考えながら読みましたが
すぐに思いつくことが根本的解決にはならない「ごまかし」。
それが自分でとても愚かで恥ずかしです。
でも、読んでいる約10分間に色々と考えました。
そして、この物語はどう解決したか?
シンプルにして究極。一番大切なもので解決しました。

作者はCurious GeorgeでおなじみのMargret Reyとイラスト
はH・A・Reyです。
いつか自分へのご褒美にと欲しい~。↓


とは言ってもGeorgeが連れてこられた辺りはとても抵抗
があるエピソード。
この本は愛蔵版で紹介文などもついているそうなので、
どうしてこの物語ができたのかヒントを得たいです。

いつも応援ありがとうございます(*´∇`*)
ぜひothelloでもして気分転換してくださいませ~。
人気Blogランキング
【2006/05/24 19:37】 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<多読について | ホーム | 英語も日本語も一緒だった>>
comments
--ああそっか--
ウサギは一羽、二羽、ですねぇ。
すっかり一匹二匹になってました。
【2006/05/25 12:48】 URL | 早美 #-[ 編集] |
--早美さんへ--
一羽、二羽だけど、何となく「匹」の方が似合っているような気がします。
兎を飼っていると、ウサギモノに弱いです~。
【2006/05/26 09:43】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
Margret&H.A.ReyファンとしてはSpottyも外せませんよね。
The Complete Adventure~ずいぶん前に買ったのですが、つい先日読み終えました。2人のオリジナル作品7本全てが入ってお買い得なのはもちろんですが、やはりこの本は巻末についているRetrospective EssayとPhotograhic Albumを読んでいただきたいです。2人はドイツ生まれでフランスに移住します。1940年、ナチスのパリ入城数時間前に自転車でフランスから脱出します。最初のGeorgeが出版されたのが翌年1941年。この辺りの時代背景を頭に置いておくと、違った読み方ができるかもしれません。確かに最初にアフリカから連れてこられる件はかわいそうに感じますが、この時代は現在と比べて動物や環境保護の意識があまり育っていませんから致し方ないのかもと思います。
長くなりすぎました^^;残りは雫さんが読んだ後にまたお話ししましょう。

この本を読んでRey夫妻の大ファンになったおんじでした^^
【2006/05/28 20:26】 URL | アルムおんじ #//469eGg[ 編集] |
--アルムおんじさんへ--
やっぱりですね~。お話がコンプリされているのも良いのですが、巻末がついているのが魅力ですよね。
アフリカから連れてこられた・・・これは年代が違うから差し引かないといけないと思ってはいましたが、何か巻末にヒントがあるかなぁと思ったんですよね~。
うん、やっぱり買います!めっちゃ気になります。
【2006/05/29 01:15】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/629-2a6503b4
| ホーム |

calender

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

monthly

category

links

material