FC2ブログ




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
KATEIGAHO INTERNATIONAL EDITION


先日の新宿での洋書雑誌コーナーでのこと。
積み上げられている↓。


雫「あ、こんなにたくさんある~」と手に取るがすぐに戻す。
隣に立っていたおっちゃん、その様子を見て↑を手に取る。
雫「バックナンバーだ!欲しかった歌舞伎特集だ!」と手に
取り、パラパラめくって購入決定。
とりあえず他のバックナンバーも見たいから自分の前に
積み上げられた雑誌の上に置いておく。

が。

隣に立っていたおっちゃん、わしの歌舞伎特集を手に取り
行ってもた。


「あぁああああ!おっちゃん、返して~!」と思う私。
"Hey!"は言えてもお金も払ってないのに"It's mine!"とも
言えない。今まで横取りを体験していないので驚きもあっ
て日本語だったとしても言葉が出たかは謎です。
つか、「これは私が買う予定でここにキープしているのよ」
的空気は日本人以外には通じないのでしょうかっ!

(有希さん、とまと☆ままさん、お会いする前にこんな
事件があったのですよ・・・)

ということで、いつもどおりギフト券を使ってゲットした
歌舞伎特集の2006年冬のバックナンバー。
他にも富士山の写真特集や茶懐石、九谷焼、ガチャポンな
どのユニークな記事があって面白いです。
今年秋に行く予定だった雅叙苑の記事もあるし。
(当然、ポシャる。)

ま、でも自分が面白いと思った雑誌におっちゃんが興味を
持ってもらってよかったかな。
読んで「へぇ~、日本ってこんな面もあるのか」と思っても
らえるなら何だか嬉しいし。

人気Blogランキング
【2006/06/06 11:34】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<Who was Albert Einstein ? | ホーム | Cam Jansen Series>>
comments
--え~--
そんなことがあったんですか~@@
おっちゃん、ウケるなあ。
コミュニケーションって言葉だけではないですもんね。その国特有の「暗黙の了解」的なものって、やっぱり長年その国に住んでないと分からないものだと思います。
それにしても、その歌舞伎特集、私もかなり興味あります!

まあ、気を取り直して今度鎌倉の大仏巡りでもご一緒しませう♪
【2006/06/06 13:07】 URL | 有希 #m6pSOb.I[ 編集] |
--うはは(^▽^)--
でもおっちゃんの気持ちもわかります~。人の持ってるものって、なぜかよさげに見えちゃうんですよねぇ。私もバーゲンの時にはよく、「それを戻せ~、私が買うから置け~」って他人に念じてます(笑)。

おっちゃんも、実は日本の不文律についてはよくわかっているけど、どうしても欲しかったので、雫さんのアピールには気付かないフリして取っちゃった、とか・・・んなコトないですね(-_-; でも、日本の文化を知ろうとしてくれてるのはちょっと嬉しいかも。
【2006/06/06 23:26】 URL | ちゃか #7NtR3EzI[ 編集] |
--まったくねぇ(笑)--
☆彡有希さんへ
おっちゃん、カメラを肩にかけて京都系や神社仏閣系、着物を着た女性系の雑誌をあれこれ見てました。
歌舞伎の表紙だけど実は芸者さんやと思ってたりして(笑)
あ、こんどお会いするときにこの雑誌、持って行きますよ!っていつだよって・・・これから何度でもお会いすると決め付けてます(笑)
鎌倉行きたいです!!ちょうどお花の季節だしお寺さんにおまいりしたいですねー(*´∇`*)

☆彡ちゃかさんへ
わっはっは!確かに人が選んだものって気になりますよね。そういう気持ちに国境はないのかもしれません。
実はこのコーナーは日本人は私しかいなくて、おっちゃんは私が手に取る雑誌を確かにジーと見てました。日本人が興味を示す雑誌に興味あったのかなー。
「お願いやから・・・話しかけんといてくれ!」と念じてたので雑誌だけ持っていっちゃったのかも。
でもせっかく買ってはったので、おもしろいなぁって思ってもらえたら嬉しいです♪
【2006/06/07 10:13】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--これまた影響され...--
家庭画報、図書館で借りてきましたー!
最新刊は借りられなかったので、歌舞伎のほうを。。。

温泉特集に「はああああ」とため息。行きたい!!
写真を見て、わあーと思ったんですが、「雅叙苑」って素敵なところですねー。サイトを思わずブックマーク。
こういう素敵なお宿を見るとドキドキしてしまいます。

私はこの特集の中にあった「のし湯」に泊まったことがあります。偶然のってたので驚き!雰囲気は「雅叙苑」みたいな感じでしょうか。それはそれは素敵なお宿でしたよ。
こういう日本を語ってある英語って「あー、こういう風に英語にするんだー」ってとてもとても勉強になりますね。これもあるのは知っていたけれど、今まで手にとってなかった雑誌でした。
またまたご紹介ありがとうございます。(いつもお世話になってばかり...)

【2006/06/08 10:39】 URL | Hazel #DjOCIH06[ 編集] |
--Hazelさんへ--
こんにちは(*´∇`*)
おぉ!図書館にありましたか!それは良かったです~。
温泉のページ、ため息でますよねぇ~。
特にポシャった雅叙苑に関しては涙さえ出てきそうです。近いから可能な予算だったけど、東京からだと無理っす(笑)二人分で海外旅行行けちゃいます。
のし湯も早速チェックします!!

日本のことを、しかもこれだけ一つのことを追求しながら英語で紹介している本はあまり無いと思います。文章をフォローするより、説得感がある写真も良いですよね。日本に住んでいる私も新発見がいっぱいの雑誌です。
【2006/06/08 13:11】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/644-407bb080
| ホーム |

calender

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。