スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Walk Two Moons


もうふらふら。

ISBN:0064405176

とまと☆ままさんpaoさんが読まれたこの物語。
私はとんでもなく苦戦しました。
思い切って書きます。皆さんが面白かったと言っている
のに自分は面白くなかったということはあるのです。
ただ、あくまでも個人の好みになるので今までこのBlogで
はあまりそういうことには触れていません。

「面白くなくても根性で読む」

それが今回の私でした。

とても評判の良い物語です。読んでいても分かります。
多分、面白いし情緒もあるんだと。
英語も思ったより難しくなかったです。
でも最初が???で乗ることができずに苦戦しました。
ちょっとミステリーな部分もありますが、想像できてしま
ったので物語が進んでもあまり感動しませんでした。
他にドキドキしたところがあって、それだけが救いです。

普段、多読では「つまらないものは読むのを止める」こと
を多読三原則の一つとしてあげています。
こんなにも我慢して読んだことは今までなかったのですが
この三原則の一つに納得しました。
面白くない本を我慢して読もうとすると
①時間が長くかかる
②面白い本なら同じ時間をかけても、もっと読めただろう
③物語に乗れないと、英語もあまり記憶に残らない
④疲れた
細切れ時間で読むということに慣れていない私は読み応え
がある児童書に手こずったのでした。今は全て終わってホ
ッとしています。物語の余韻もへったくれもありません。


最後にもう一度。
みんなが良くても自分が面白いと思うというばかりではあり
ません。でもそのことに凹むよりも思い切って投げ飛ばして
自分が楽しいと思う本をどんどん読んだ方が結果的に自分の
プラスになると思います。
本は皆さんが自分で読まれて自分の中で評価できれば良いと
思います。ということで、この本の感想も他と同様、私個人
の感想だと思って「不幸なやっちゃなー」と思って下さい。

次の本は何にするか、今とても楽しみです(笑)
でも当分中身の濃い児童書は無理かも(・_・;)
やっぱ、PBかなー。

人気Blogランキング
【2006/07/11 21:03】 児童書 | トラックバック(1) | コメント(12) |
<<The Japan Times Junior | ホーム | ミステリーチェック>>
comments
--私も・・・--
この本、辛くて辛くて読むの大変でした(泣)。それでもやっぱり根性で頑張っちゃいました。私の場合は、最後で感動できたので、まだ報われた感がありましたが、逆に「おもしろくなくても最後まで読むと何かあるかも!?」なんて期待で投げることができなくなった、思い出深い一冊です(^-^;A

【2006/07/11 21:18】 URL | ちゃか #C/gK47JU[ 編集] |
--わかります。--
雫さん、こんばんは。
実は、邦訳で読んだ事があるのですが、
内容を覚えていません(⌒o⌒;A
なので、読もうかどうしようかと考え中だったのです。

で、雫さん言う投げなかった場合の弊害、
よく分かります。
私も、面白くない本だと何日もかかってしまって、
結局吸収量が落ちます。

しかも、読み終わった後、楽しかったというより
もむしろ、疲れた感じの方が強くて、
話しの内容は二の次になってしまうのです。

後数ページのときは。。。
後、何ページでこの苦しみ?から解放される
と、思う反面、読むのがしんどくて読み終わった後は、
はぁとため息をついている感じです(⌒o⌒;A

こんな経験をしている以上、
あまり、根性で読まないようにと思うのですが、
たまにどうしても出来ないときがあります(苦笑)
【2006/07/11 21:51】 URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6[ 編集] |
----
読み終わりましたか~!お疲れ様でした!!
雫さんが苦戦するなんて珍しい。
でもきっと相性があるんですよね。ホラMTHのように(笑)
お付き合いさせちゃってごめんなさいね。
私も他の人が読んで面白かった!という本が読めなかった
ことがあります。ま、私の場合ストーリーというよりも
レベルが追いつかなくて意味不明で脱落したんですけど。。
やっぱ、乗らない本は投げるに限ります。
無理させちゃってごめんです!
【2006/07/11 22:18】 URL | pao #-[ 編集] |
----
雫さん、お疲れ様です(^^)
私も根性で読むことが何度かありました。。。
本をながめては、やっと半分きた、あと残り3分の1だ・・・って考えるんですよね~ 
そこまでするくらいならば、投げればいいのだけど・・・なぜかできない自分です(涙)
同じところばかり目でおってしまって、時間も倍かかるし吸収できないし、雫さんが書かれていることに同感です。
と書いているうちに、今読んでる本、投げようという気になってきました・・・。
本当に、無理は禁物ですよね^^
【2006/07/11 23:30】 URL | りあ #olKYQuew[ 編集] |
--おつかれさま~--
へんなプレッシャーかけちゃいましたね、ごめんなさ~いっっ。せっかくの貴重な読書タイム、楽しめなくって残念(というかもったいなかった)ですよね。
・・・それでも、最後まで読めてしまう雫さんはすごい。そして、タイトル名指しで「楽しめなかった宣言」できる雫さんはすごいと思います(きっと、雫さんのこの記事に勇気をもらった人は多いはず!)

それにしても、雫さんは展開もよめちゃってたんですね~、DVCの時も思ったけど・・・すごいなぁ。あれもこれもそれもまんまとクリーチに出し抜かれてしまった私です(笑)。

児童書はまたそのうち読めるようになると思いますよ(PB読めるなら、児童書が読めなくても困らないしね^^)。気楽に楽しく読めるものを読みましょう~♪
【2006/07/12 00:05】 URL | とまと☆まま #GhMHlou2[ 編集] |
--もーにん♪--
☆彡ちゃかさんへ
思い切ってマイナスな感想を出してみました。
それぐらい本というのは個人個人の感想が違いますものね。今までも「あれ?」という本はありましたが、その感想は書かないことにしていました。
今回はつまらない本を投げ出さないとどんな感じかを記事にしようと思いました。
私にも違う意味で思い出深い一冊になりました(笑)

☆彡紗香さん
わかってくださる方がいらっしゃると思っていたけど、記事にするのは少し勇気がいりました(・_・;)
もう最後はふらふらでした(笑)内容は今は覚えているけどそのうちに忘れるんでしょうね。情緒ある文章だなーと思ったけど、そこにハマれなかったことも残念でした。やっぱり雫は投げ技炸裂が良いです~。

☆彡paoさんへ
いやいや!でも今回は面白かったです。三人が違う感想をそれぞれ抱いていることが分かってあえてこんな記事にしていました。途中、投げ出そうと思いましたが今まで投げ出さないということを頑張ったことがないので、ちょっと無理しました(笑)謝らないで下さいね!いつでも投げさせるのに私があえて頑張っただけですから~!で、次は何にしましょう?(笑)←懲りない人

☆彡りあさんへ
いつも投げ技を出すといってますが、私の場合、最初の50ページで訳わからなかったら止めちゃいます。
大体どんな本もそこから乗れるか、乗れないかが分かるので50ページを超えて面白かったらズンズン読みます。
でも、今回は・・・(笑)つまらないと思う本は本への評価ではないし、自分を責めるほどのことでもないのでやっぱり思い切って投げるに限りますね♪

☆彡とまと☆ままさんへ
いやいや!私もこの本の名前を挙げましたからねー。
今回は頑張りました。いや、実際(笑)酒井先生からこらーと怒られるんだろうなぁと思いながら。
展開ですが、突飛な登場人物が出てくるとすぐに自分の頭の中で色々と想像してしまいます。その一つが物語りと合うことがあるんですねー。DVCに続き、今回もそんな感じでした。少し、PBでリハビリして児童書に戻りたいと思います。PBはサクサク飛ばせて今の私には楽です。たまってる児童書、待ってろよー!と心の中で叫んでます(笑)

【2006/07/12 07:12】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
私も、みんなが絶賛しているのに、私は気に入らないという本が結構あるんですよ。あまりおおっぴらには言わないのですが、「どこがいいんだろう・・・」と思いながら、ほかの方の感想を読んだりすることがあります。

でも、人間、何十年も生きていれば、いろんな好みがあるのが普通ですよね。もしかしたら2,3年後には好きな本に変わることもあるかもしれないですし・・・
【2006/07/12 18:05】 URL | michi #-[ 編集] |
--michiさんへ--
ありますね~。評判が良いのに自分は「???」と首をかしげてしまうこと。
今回は物語よりも私の状態が悪かったというのもあって余計に辛かったです。自分さえ何とかなればと思って最後まで読んだのもあります。
もしかしたらいつかまた読もうと思うかもしれません。
そう思えたら嬉しいなぁと思ってます(*'-'*)エヘヘ
【2006/07/12 22:07】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--その逆もどんどんやりましょうよ!--
雫さん、こんばんは~。雫さんの勇気に拍手~♪投げるのも勇気、それが認識されつつある今、投げなかった体験レポートを書いてくださったのも勇気!
michiさんもおっしゃっているように、人間いろんな好みがあるのが普通。それを気付かせてくれる多読はやっぱりスゴイ。
だからね、逆に世間的にあんまり評判良くないのに、自分はえらくのめりこむっていうこともあるんですよね。それもどんどん言えるといいですね。私はこないだの多読通信で、それをやってしまったのかもしれません。獏。いや、発行後に、あー、あんまり面白くないかもって、思っちゃったのですが。
うーん、逆はやっぱりあんまり実行おすすめできないかー。
【2006/07/12 23:28】 URL | いづこ #5WOOotls[ 編集] |
--いづこさんへ--
ここに来て投げずにどんな感じだったかを書くというのは本への評価と誤解される可能性もあるし、どうかなぁと思いました。人の好みは千差万別で「本という作品をけなす」ではなく自分はダメだったということは言っても良いのかなーと思い切りました。その逆もあって当然ですよね!で、やっぱりダメなら理由があるはずで書き方に四苦八苦しますが、正直な感想が載せられたらなぁと思います。
多読通信、いつも楽しみにしています。色々な話題でいつも楽しませて頂いて、他のメルマガが脱落する中、まりあさんのメルマガと多読通信は待ち構えてます(笑)まだ正式に(?)東京でデビューしていない私なので、これから落ち着いたら何かしらお手伝いができたらと思っています。
【2006/07/13 18:13】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--わーい!--
お待ちしていますよ~!!!(プレッシャーにならないよう、言葉少なに・・・)
【2006/07/13 22:19】 URL | いづこ #5WOOotls[ 編集] |
--いづこさんへ--
わはは!もうちょっと待ってくださいませ~。
秋の全国タドキスト大会は何かお手伝いしたいなぁと思っていますが、そのまえにデビューですよね(*'-')b
【2006/07/14 19:46】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/672-c0487a8f
Walk Two Moons
Walk Two Moons (Trophy Newbery)Sharon Creech Trophy Pr 1996-09売り上げランキング : 12741おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-ToolsSharon Creech、1995年Newbery賞受賞作。YL5.0~6.0、総語数50279語。邦訳で読んだ事があった、この本。そのとき感動した事を覚え りんごの木の下で【2006/12/16 20:35】
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。