スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Grace Darling


ISBN:0194229742 YL2.8 6,730words

スコットランド近海で起きた実話を元にしたお話。
エンジンの故障で動かなくなった船に更なる不幸が。
嵐に巻き込まれてしまう。一方、灯台守の父親と娘。運
悪くこの日は息子が出かけておらず荒れ狂う海に父と娘
で立ち向かうことになる。作家は我らがTim Vicary様。
Tim様のGR、久しぶりです(*´∇`*)
レベル的にも語数的にもサクっと読める物語。いや、こん
なコメントができる日が来るなんて。我ながら感動です。
Tim様のGRはリトールドではなく実話を元にしたオリジナル
が多いですね。そのせいか、とても読みやすく感じます。
限られた語彙と語数でここまで書けることが凄いといつも
感動します。

物語はGRを思わせないリズムの良さ。一つの事件を船の乗
船者と灯台守という違う視点で描いているのも物語に幅が
出てGRにありがちな単調さを減らしています。
これがTim様の実力でしょうか。

今ではGRを読むことが珍しい私ですが、多読はGRから始ま
りました。英語を習得しようとする人口が多いということ
もあるでしょうが、GRの存在は多読に欠かせません。
日本語を習得する海外の方にGRのような本はあっても選択
肢はそんなにないと思います。
恵まれている環境だと再認識しました。

人気Blogランキング
【2006/07/18 19:16】 GR | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Samantha's Short Story Collection | ホーム | Samantha>>
comments
--珍しや--
雫さんがGRのレビューしてる~(笑)
私もこれ読んで感銘を受けて、実際にある記念館の
様子を見ようと思ったら「現在休館中」とかでした。。
実はSamanthaの島へ行く話の時にこのGrace Darlingの
話を思い出しました。ちょっと雰囲気かぶってません??
【2006/07/19 13:06】 URL | pao #-[ 編集] |
--paoさんへ--
ね、ね、珍しいですよね(笑)
いつもはそっぽ向いているのに自分の調子が悪いときだけ呼び出してしまうGRです。
Tim様はやっぱり読みやすくて良いです。ファンレター出してみたいといつも思います。
Samanthaの島へ行く話!似てますよね。激流チックなところですよね♪
【2006/07/19 18:15】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/681-9fa3b012
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。