スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Be the Best For the Fans


Blogが違うんでしょーって?
いやいや、今日は阪神ネタです。
大阪芸術大学に進学したことがきっかけで阪神ファンにな
った著者。スポーツ観戦には欠かせないぼやきや野次、そ
して笑い溢れる阪神ファンのユーモアが英語で。
用意された言葉を機械的に訳しているのではなく、心の正
直なところから思わずついて出た言葉なだけに面白いです。

さて、タイトルの↓。

Be the Best For the Fans

タイガースのスローガンです。
英語で洋書を読む前の私なら「ファンのためにベストを」
と受け取っていたと思います。でもこの英文をじっと見て
いると「阪神を愛する私達ファンのために選手が自分の力
を発揮し、最高のプレーをする」と受け取りました。
そうするとこの短い英文から何だかものすごく感動を受け
たのです。(いや、私ってば本当に熱血虎党ですから)

何がどうして、そう思うのか。

洋書を読み続けていくうちに"the"が気になってきていま
した。洋書を読む前はお飾りかと思っていたこの言葉です
が、無駄にくっついている言葉なんてないですよね。
BestやFanという漠然としたものではなくtheがつくことで
より強く、限定された、誰かに向けられた意味あいがある
のではないでしょうか。
私は学生のころの英語学習の記憶をなくしたままなので、
これが○○詞なのか分かりません。またそんなこと知った
ところで洋書読むのに関係ないので知らなくて良いです。
(あくまでも私は、です。)

もしかしたら私が受け取っている印象が間違っているかも
しれない。でもね、それはそれで良いのです。
「間違っています」と指摘されて「こういう日本語の意味
がありますよ」とそれを覚えることをするつもりはありま
せん。多くの英語を吸収していくうちに「あ、こんなこと
だったのか」と気づけば一気に言葉が自分に近づいてくる
からです。
英会話の時に「使い方が間違っているかいないか」をいち
いち考えていたら会話にならないからこそ、自分の感覚で
受け取っていきたいです。

これこそハートで感じる英語じゃないかなーと思う私です。

こんな私がランキング!?自分のお馬鹿加減を出すのは
かなり恥ずかしいです(^_^;)
そんな私を応援してくださるととーっても嬉しいです。
人気Blogランキング
【2006/07/21 07:53】 Diary | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Holes、そしてSachar | ホーム | Samantha's Short Story Collection >>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/684-2a098867
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。