スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Holes、そしてSachar
先日、Louis Sacharの"Holes"を読了され記事をUPされて
いたとまと☆ままさん
記事の白抜き部分にお答えしたく、さっと手に取ったのは
もちろん大好きな"Holes"。
主人公は上から読んでも山本山、下から読んでも山本山、
よろしく左から読んでもStanley Yelnats、右から読んでも
Stanley Yelnatsです。


ハリポタは読んだことがあるけど、Holesは知らないなん
ておっしゃっている方、それは損ですよー。
こんな読み方は洋書でしたことがなかったので面白かった
です。あれ、児童書停滞、何のそのじゃないですか(笑)
読むとまた勧めたくなるのがこの本です。
伏線が最終に向かって繋ぎ合わさってくる部分に読み手は
面白さを感じずにはいられません。
私は本を読むときに良く「頭の中で映像化」していると言
いますが、Holesにはその魅力がたっぷりとあります。

主人公StanleyとZero、それぞれの話を少しずつ繋ぎあわ
せてくると一つのフィルムのようになるし、いきなり昔の
話に飛びながらそれがどう関係していくのかも繋ぎあわせ
ればやっぱり一つの立派な映画のようになります。

そんな面白さを映像の専門家が見逃すわけがありません。
映画としてはとても地味な位置にいる"Holes"。
原作の面白さをとても高く評価した映画化だと思います。



Holesの作家、Louis Sacharは初心者タドキストにとって
Dahlと並ぶぐらい人気の作家です。
それぞれの持ち味は違いますが、私はSacharの方が好き
です。子供達へ向ける暖かい眼差しを感じる部分でしょう
か。単に幼い者への慈しみだけではなく、完全無欠ではな
い人間関係をとてもユニークに描いている部分、人間の暖
かさがある部分、どれも身近にありそうなことです。
カテゴリで言えば児童書でしょうが、大人が読んで面白く
ないはずはないという物語の組み立てはSacharの力量なの
でしょう。

多読を始めてすぐにSacharを読むといのはなかなか難しい
かもしれません。でもグッと心を掴んでくれるあの少年の
お話がある限り、Sacharの人気は消えないのです。


児童書というカテゴリにどっぷりハマった最初の一冊です。
子供の読み物だろうと笑っているあなた、穴にハマります。

やさしい英語で書かれたMarvin Redpostくんのシリーズは
全7巻です。
人気Blogランキング
【2006/07/22 12:14】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(12) |
<<Meet Molly | ホーム | Be the Best For the Fans>>
comments
--私もHoles大好き--
ご無沙汰しています。
専門書を読むので精一杯、なかなかFun readingできません。Holesはたまたまブッククラブで購入したものでそんなに有名とは知らなかったのですが、すっごくおもしろかったです。

他の本も読んでみたいと思いつつ。。。いまはまだ無理(T0T)...
【2006/07/22 12:49】 URL | serena #-[ 編集] |
--serenaさんへ--
こんにちは!お久しぶりです(*´∇`*)
お仕事と学業両立は24時間があっという間でしょう。
なかなか楽しみの読書をする時間が確保できないですよね。
Holesは私の中では不朽の名作殿堂入りです。
とても変わった設定の話で最初は読めるか心配でしたが、もうすぐに読み込んでしまいました。

少しずつでもラクチンで楽しい本が読めると良いですね♪
【2006/07/22 16:37】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
雫さん、こんばんは!
Holesうちでも待機中です!早く読んでみたいな~と思いつつ寝かしております(笑)
Sacharいいですよね~ 早くレベルアップしてHoles読んでみたいものです!!

(↓のタイガースのTheの話も"納得"でした。学校英語で習ったときは、"a"も"the"もあんまり気にしなかったですよね~;;)
【2006/07/22 19:56】 URL | りあ #olKYQuew[ 編集] |
----
雫さん、こんばんは。
Holes いいですよねー。
Sacher は Dahl をたくさん読んで育ったんだろうなあって思います。
【2006/07/22 22:52】 URL | Julie #bGcP5udY[ 編集] |
--こんにちは!--
☆彡りあさんへ
Holes,楽しみにとっておいてくださいねー♪
私は一度読んでいますが、二度目も楽しめました。
確かに二度目の方がしっかりと分かっていたと思いますが、読みたいときが本を開くとき!多読三原則でどんどんいきましょう(*´∇`*)
aとかtheとかって日本語の意味がついていましたが、英語のまま読んでいると当てはまりませんね。その違いが分かるのも多読の面白さだと思っています♪

☆彡Julieさんへ
Holes,音源まで聞いているほどハマってしまいました。
確かに、SacharはDahlを読んでいるかも!何気にDahlの名前を出しましたが、Julieさんのコメントをみてはっとしました。こういう想像も面白いですね~。

【2006/07/23 15:56】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
おはようございます。
あっちこっちで評判いいので読んでみたいなぁ…と思ってる本の中の1冊です。図書館にも置いてたし。(笑)
Louis SacharはMarvin Redpostは昔の挫折本の再読で「なんだこんなに面白かったのねぇ~~」と全巻買い揃えて待機中になってます。
DahlはNHKの「原書で読む世界の名作」で春にKISS KISSの中からの朗読があったので聞いていたのですが(日本語解説中心ですけど)あまり好みじゃなかったんです。比較的易しめの本とかは面白いんでしょうか…。
【2006/07/24 09:35】 URL | hanazo #-[ 編集] |
--おはようございます!--
上から読んでも下から読んでも・・・面白いですよね!散々悩んだ末、続編Small Stepsも買ってしまいました(笑)。
ところで、Julieさんの「Sacher は Dahl をたくさん読んで育ったんだろうな」がとても気になります。。。
【2006/07/24 09:46】 URL | とまと☆まま #GhMHlou2[ 編集] |
--こんばんは!--
☆彡hanazoさんへ
図書館に置いてあるほどの人気本!
Amazonで洋書売り上げベスト10にも入っていたHoles。
自分が好きなだけにとても嬉しいです(*´∇`*)
Marvinくん、挫折本でしたか!でも今は読めるという進歩が嬉しいですよね♪同じようなことがこれからも起きると思います。
Dahlを日本語訳って難しそう(笑)チョコファクのぶっ飛び感覚なんて英語そのままの方が面白いのになぁ。
私もDahlは好きなお話とそうでもないものと分かれます。やさしめで好きなのは"
The Giraffe and the Pelly and Me
"です。

☆彡とまと☆ままさんへ
ぶっちゃけます!私はHolesの方が好き(笑)
えっと・・・全く違う物語と思って読んだ方が良いと思います。今、とくにHolesを読了されたばかりなので違和感を感じるかもしれません。
SacharにDahlを良く読んだのか、聞いてみたくなりますね(笑)売れっ子作家だから相手にしてくれないかなー。
【2006/07/24 20:38】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--面白そうですね--
こんばんは、
あれこれ買ってきては、いつも、積読の私です。
今日の紹介見まして、また、買いたい病が、ムズムズと。明日には、本屋に走っている予感です。
買って、すぐ読む。
実現したいですね。
【2006/07/24 21:38】 URL | mcmillen #-[ 編集] |
--mcmillenさんへ--
こんばんは(*´∇`*)
積むことなら負けませんよー♪これでもかっというぐらい積んでいますので(笑)
Holesは面白いです。というかSacharの本は面白いものが多いです。日本語訳もありますが、ちと扱いが地味なのが残念です。子供達に圧倒的な支持を得ているSacharですが、大人が読んでも考えさせられるところがたくさんあります。
わりと突飛な設定なので中身が確認できるのならパラパラめくってから買うほうが良いと思います。
【2006/07/24 23:23】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--これなら…。--
「The Giraffe and the Pelly and Me 」これならもうちょっと頑張れば読めそうなレベルなのでもうちょっと経ったら読んでみます。
KISS KISSは大人向けの短編集で週刊誌か何かに連載されていたものを本にしたらしいのですが、話がブラック過ぎるのと、朗読を目で追うだけしか出来ないので余計に楽しめなかったでしょうか。
【2006/07/25 09:29】 URL | hanazo #-[ 編集] |
--hanazoさんへ--
こんばんは!
"The Giraffe and the Pelly and Me"はやさしいDahlの本でも毒が少なくて読みやすいと思います。
無理だなぁと思ったらその場で止めてしまって、本棚に帰ってもらいましょう♪
KISS KISSはチェックしていたときに少し難しそうな印象がありました。英語的にというよりは話が大人向けだからでしょうね(^_^;)
朗読は自分の好きな話から入ると良いと思います。Lobelの"Frog and Toad"を初めて聞いたとき、楽しいし、聞きやすかったです。"The Secret Garden"はラジオドラマでしたが、俳優陣がそれぞれの役をこなしているので面白かったです。"Little House in the Big Woods"は物語が大好きで原書を読んだ後だったのでたっぷり楽しみましたよ(*'-'*)エヘヘ
【2006/07/25 18:51】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/685-2b0b0b13
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。