スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Billy Elliot


ISBN:1903434335 YL3.0~4.0 33,000語(概算)

イングランド北東部の小さな町の炭坑で働く兄と父と祖母。
とBillyは暮らしている。ある日、いつも通っているボクシ
ング教室の練習場の隣でバレエ教室が開かれBillyの運命
は大きく変わる。

映画「リトル・ダンサー」の脚本をMelvin Burgessが小説化。
映画のスクリーンプレイと、この本と二種類あります。
最初はこれを原作本だと思って買いましたが、本が届いて
初めてそうではないことに気づきました。
作家Melvin Murgessは脚本を柱としながらも映画にもないシ
ーンを付け加えることでBillyや家族の心情、背景などストー
リー性を高めました。
映画とはまた違う活字で楽しむ「リトル・ダンサー」です。

これはリトールドでもなく、映画のストーリもちゃんと追っ
ているし、会話部分はもちろん映画でもセリフになっていま
す。章ごとに語り手がBillyを中心に父親、兄、友人と替わる
部分は本ならではの面白さ。
語り手の心情を伺いながら読むことにより、映画からさらに
登場人物の心の奥に迫っています。
それでながら英語はとてもやさしく、目だって難しい単語は
見当たりません。Heartlandよりもさらに易しく語数も少ない
ことからYLを3.0~4.0にしました。今まで読んできた映画の
原書の中ではAmerican GirlsのSmanthaと並ぶレベルですが、
Samanthaは日本ではビデオ発売されていません(^_^;)

イングランド北部ということで一部、あれ?と思う部分があり
ますがそのまんま読んでいれば分かる程度のものなので心配
はありません。良い子が使っちゃいけない言葉が何度も出て
きますが、音で言えばピーみたいにf***になっています。

映画「リトル・ダンサー」が大好きな方、またはこの記事を
見て両方とも興味がある方は是非、手に取ってみて下さい。



映画の原作というと「子供向き」以外、殆どが難しいレベル
になります。あのDahlのチョコファクでさえ、英語が苦手な
私は多読当初は相当なキリン読みでした。
Big Fat Catという本を立ち読みしたとき、巻末に初心者向け
の本にこのチョコファクやHolesがあげられていました。
「何が初心者やねん!読めるどころか憧れ本や!」と文句を
言いたくなったときからBig Fat Catは読むまいと思いました。

だいたい、学者や専門家が言う「初心者」ってどんなレベル
でしょうか。英語を生業にしている人の「初心者」と私のよう
に英語嫌いだけど趣味で本を読んだり映画が見たいと夢見る
「初心者」には大きな差があります。
多読を見つけて本当に良かったです。
最初からHolesなんて読もうとしたら今頃は「日本人にはや
っぱり日本語やな!」と開き直って洋書なんて自分には無理
だと諦めていたはずです。

勉強のために洋書を読むのか、洋書を読むためにやさしい洋
書から始めるのか・・・何だか大きな違いがあるかも(^_^;)

今日も私の独り言を読んでくださってありがとうございます。
「英語はやさしいけど、こんな映画の原作本見つけたよー」
という方、是非、教えて下さいね(*´∇`*)
人気Blogランキング
【2006/09/16 16:17】 児童書 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<The Black Echo | ホーム | Gaspard et Lisa aux grands Magasins>>
comments
--おもしろそう--
映画も知らないので、探しに行ってみようかな。
いつも雫さんからは情報をいただいてばかりで・・・恐縮。
いま、The catcher in the Ryeを怒りながら読んでいます(おもしろくないんだもん。)読みかけたので悔しくて、必死に読んでいるのですが「おもしろなー」と思いながら読んでるので目で追ってても「ん?」と後戻り、時間がかかってしょうがないです(泣)。なら読むな~、なんだけど・・・読み終わったらぶつぶつ言おう!ということをモチベーションに(笑)頑張ってます。
【2006/09/18 08:23】 URL | serena #-[ 編集] |
--こんばんは(*´∇`*)--
ぜひぜひ、探してみてください(*´∇`*)
実はいつも映画と原書、どちらが先が良いか自分の中で決め手があるのですがこの映画と本だけはどちらが先でも同じぐらいとしか言えません。多分、私がこの映画が大好きすぎるのだと思います。

>The catcher in the Ryeを怒りながら読んでいます

わはは!わかります!わかりますよ~。ちょっと前にWalk Two Moonsを読んだときの私です。
ここまで来ると最後まで読んで「あかんかった!」ことを素直に吐露しようと思いました。
もし読了されたらその後はとびきり楽しそうな本を読んで気分転換してくださいね~!
【2006/09/18 18:12】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/759-dcc278be
映画『リトル・ダンサー』がGRになった
rfuji さんのブログで紹介されていて知りました。rfuji さん、ありがとう!Billy Elliot (Penguin Longman Penguin Readers)Melvin Burgess 男の子だけどバレエ・ダンサーになりたい Billy Elliot くんの物語。意外と Paperback Reading 洋書を読む、よ?【2007/10/01 14:56】
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。