スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
迷う
皆さんは今の本を読了したら次の本をどうやって決めている
のでしょう。
あれもこれも読みたくて迷ったりしないのでしょうか。

同じことを何度も聞くな!?

いや、聞きまっせ。ほんま、皆さん、どうしてはるの??
"The Black Echo"は確かに手強かったです。
でもラストに向えば向うほどPBの醍醐味を味わえて妙な充実
感があったのも事実。10万語を超えるものを読了したとかで
なく、やっぱり本格的なミステリーを読んだとか、そういう充実
感だと思います。
"The Black Echo"読了で一息いれるためにやさしい本を読も
うと思いましたが、どうしても児童書ではない大人本が読み
たくなっています。







レベル無視本と言ったら良いのでしょうか。今読むとしたら
この中のどれか。とっても迷っています。
読めるかどうかはまず数ページ読んで決めて、さらに読んで
みてもリズムに乗れなければ投げ技。

平行して読もうと思っている自分のレベル本がこれ。


"The Falcon's Malteser"はYL4.5、44,000words。



探偵のTimと弟Nickの物語でこの"The French Confection"
はYL2.8~3.0、15,000wordsでシリーズの中ではYLもやさし
く、語数も少ないことから良く見かけます。
昨年夏に楽しくこの本を読了しました。
笑えない、ピンとこないなど笑いのツボにハマらないなら
YL以上に難しいと思います。


段違い平行読みはやさしいレベルと難しいレベルを並行して
読むことで、やさしいレベルも少しずつアップしてきました。
YL4~5辺りの本がキリン読みから自分のレベルになったの
は嬉しいです。そして充実感を求めてミステリーなど本格的
な作品を読みたくなります。
本格的でも絶対に英語が難しくて読めないということではな
いですが、難易度がアップしているものが殆どです。
自分が選んでいるんやろ!というツッコミはご勘弁を。
こんな迷いも読書好きの醍醐味。
子供の頃「何か分からんかったけど、面白かったわー」という
本好きの第一歩を今また洋書で味わっています。

さ、阪神もサヨナラ勝利したことだし本格的に本を選びに
かかります。

いつも応援ありがとうございます!
自分の今の力でどんな本を選ぶか、とても楽しいです。
洋書は遠い存在ではありません(*´∇`*)
人気Blogランキング
【2006/09/18 22:29】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<"The Hundred Secret Senses"に決めた! | ホーム | The Black Echo>>
comments
--読み終わる頃に。--
雫さん、こんばんは。
次に読む本。
その時読んでいる本が読み終わる頃に、
候補を何冊か絞っています。
(3~5冊ぐらい)

そして読み終わった時に読めそうだと思った、
1冊めに挑戦し、だめだったら2冊めと読んでいます。
読み終わった時点で大体、2~3冊に
しぼっているような感じなので、
あれもこれも投げると、読む本がな~いと
言う状況になります(⌒o⌒;A
【2006/09/18 23:37】 URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6[ 編集] |
--気の向くままにです--
 自分は最近無理してノンフィクション系を結構キリン読みしたりしていますが、それで、疲れたら、児童書で癒しを求めることにしています。
 堅い本と軟らかい本を何冊かずつ適当に気の向くままに交互に読んでいる感じです。
 でも、児童書でも良く分からないことが多々ありますが。
 音楽を聴いたり、映画を観にいったりのように、次はどうしようかとあれこれ迷うのもなかなか楽しみだと思います。
【2006/09/19 00:12】 URL | ジェミニ #EZRLQBOE[ 編集] |
--おはようございます!--
☆彡紗香さんへ
私の本の選び方は紗香さんと同じようです。
何冊か上げてパラパラめくって絞っていくのですが、
確かにあれもこれも投げると読む本がない~となりますよね(笑)
あまり読む時間がとれないにも関わらず、難しい本を選んでいるのは身の程知らずだと自分でも思うけど「読んでみたい!」という気持ちの方が大切だと思ってます。
さ・・・どれにしましょうか(笑)

☆彡ジェミニさんへ
無理しても読みたいジャンルや本があれば手に取ってしまいますよね。そればかりだと頭が痛くなりそうなので読みやすい本と平行読みするのが私にはあっているようです。タドキスト一人、一人違う本を読んでアプローチも違ってとても楽しいです。
ジェミニさんのおっしゃる通り、音楽や映画を選ぶ楽しさと同じですね!
【2006/09/19 06:59】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/761-c0445f9b
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。