スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Samantha Savs the Wedding


Short Story Collectionより。 YL3.5 2,546words

Samanthaの叔父Uncle GardとCorneliaの結婚式。
SamanthaとCoeneliaの双子の妹AgnesとAgatha、三人は
ブライズメイドを務める。
しかしCorneliaの仕度に思いも寄らない危機が・・・。
あぁ、もしかして!なんて思っていたらやっぱり嫌な予感
は的中します。
最悪の事態をなんとかしようとするSamantha。
自分の大切なものを顧みずに好きな相手の幸せを願って
託すなんて当たり前のようで難しいと思いませんか。
児童書に書かれていることはそんなことがとても多いです。
Samanthaのシリーズが好きなのはSamanthaの真っ直ぐで
優しい心がストレートに伝わってくるからです。話の後に
この時代の結婚事情について書かれていて興味深いです。

前回読んだ"Samantha and the Missing Pearls"の最後に
は"The Boxcar Children"の作者Gertrude Chandler
Warnerについて書かれています。
Samanthaの時代と同じ1942年出版のこの作品は1993年に
時代背景を変えて登場します。


Gertrudeは19冊のシリーズを書いています。
これが初めての子供向けのミステリーだそうですよ。
この表紙は知っていたけど、時代背景を変えたものだっ
たとは知りませんでした。まだ読んだことがないので先
の楽しみです。

まだまだ知らないことが多い洋書。
あなたも楽しんでみませんか(*´∇`*)
人気Blogランキング

【2006/10/18 19:34】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<秋の映画と洋書 | ホーム | Nate the Great Stalks Stupidweed>>
comments
--結婚式だ~--
雫さん、こんばんは!
本編でも結婚式のシーンの詳細はなかったからすんごく興味深いです~ その当時の結婚事情についても読んでみたいですね。
そして、下のNateくんでもツボにはまってしまい大笑いしてしまいました。
実はNateくん1巻しか読んだことがないので、続きも読んでみたくなりました(笑)
【2006/10/19 18:47】 URL | りあ #olKYQuew[ 編集] |
--りあさんへ--
私も本編で結婚式のシーンがなかったので気になっていました。ちゃんとこちらにあってうれしかったです。
当時のことがちゃんと巻末についているので、これも楽しみの一つですね。
Nateくん、面白いですよ~。語数は少ないけどYL2.5 の通り、やさしいと思えません。必ず読んでいて一度は笑えるところがあります♪
【2006/10/20 06:28】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/798-18779b67
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。