FC2ブログ




The Miraculous Journey of Edward Tulane


ISBN:0763625892 YL4.3 16,983words

Edward Tulaneは中国製のうさぎの人形。
頭は陶器でできていて、耳は本物のうさぎの毛皮、関節も
曲がるし、立派な洋服もあるし金の懐中時計も持っている。
Abileneにとても可愛がれていたEdwardだが彼女の手元を
離れ、Edwardの旅が始まる。
Julieさんの紹介を読んで秒殺され、即買いしました。
"Because of Winne-Dixie"のKate DiCamillo作でうさ本と
なれば、もうこれは買うしかない!
(と言いつつ、一瞬久々の高価本に怯みました)

この本はまずその姿を楽しむことから始まりました。
早速、開いてダーっと読むのではなく何日か目立つところ
に置いてその絵を眺めていました。
自分の中で「良し。」という声が聞こえてから読もうと思って
いました。
実際にこの本は隅から隅まで楽しんだと言っても良いです。
飛ばすことができないMagic。自然と今回は精読モードにな
りました。Julieさんのお祈りどおり、ちびりちびりと終わる
のを惜しみながら読みました。

Edwardは人から人へと渡るのですが、その長い年月の間に
色々な人間に会い、彼は今まで自分が知らなかったものを
知ることになります。
が、そのプロセスが一言で語れないほど色々あるのです。
それは読んで下さいとしか言いようがない。
途中に入る挿絵で涙がポロポロ出てきてしまいました。
訴えてくるのです。それは独立した絵であり、本と絵を一緒
に楽しめる一冊です。
何書いても最大のネタバレになりそうです。
結局は「惹かれたら、読んでみてください」です。

ハードカバーで高価ですが、ハードカバーのままでいてほし
い本です。当分、本棚に眠らず近くに置いておくでしょう。
最後に若かりし頃のCOCOです。
COCO

足裏くすぐると、指をガッと開きます。

今日も応援、ヨロシクお願いします(*´∇`*)
人気Blogランキング

【2006/11/18 07:33】 児童書 | トラックバック(1) | コメント(5) |
<<Poppleton in Fall | ホーム | An American Girl ~Kit~>>
comments
----
雫さんのレビューを読んで私も読んでみたくなりましたが、もう少しレベルアップしてからの方が楽しめそうですよね^^
うちの家には同作者の「The Tale of Despereaux」が待機中です。こちらも理解度が高い方が楽しめるかなと思って寝かしております^^
【2006/11/18 09:33】 URL | りあ #olKYQuew[ 編集] |
--りあさんへ--
こんにちはー(*´∇`*)
この本、決して難しい!というわけでもないのですが、じっくり読みたい本なので、多分読んでいるうちに飛ばすのがもったいないようになると思います。
でもハードカバーでとても装丁が綺麗なので最初は飾ってみても良いと思います。(あまり陽があたらないところで!)
"The Tale of Despereaux"も気になりますね。何だか癒されたいときにKate DiCamilloみたいになりそうです。
【2006/11/18 16:36】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
雫さ~ん! 秒殺してしまって申し訳ない(笑)のJulieです。
これ、いいよねー。
いいよねー。
いいよねー。
……(以下、無限に続く)

「読んで下さいというしかない」のですが、
ほんとに、いいよねー。
終わるのがもったいないような本でした。
(ああ、でも終盤もよかったわー)

ではでは、トラックバックありがとうございました!
【2006/11/19 12:18】 URL | Julie #bGcP5udY[ 編集] |
--読みたい~--
私も読みたくなりました。
でもハードカバーでお高い・・・
読みたい気持ちが高まったら、絶対ポチると思います!
そして高まるのは時間の問題でしょう・・・
【2006/11/20 12:22】 URL | われもこ #hmKSHwc6[ 編集] |
--こんばんは(*´∇`*)--
☆彡Julieさんへ
いいですよねー。いいですよねー。本当にじっくりちょっぴりづつ読みました。
私も終盤、良かったです。ほんとうに切なかったです。
ただの言葉のやり取りかもしれないけど、ハーモニカの少年とお店のおじちゃんのところ、涙しました。

☆彡われもこさんへ
そう!読みたい気分が高まってこれからクリスマス、お正月とくれば・・・。
ハードカバーでお高いのでドキドキしましたが、それだけの価値がある本だと断言します。
まだ今も飾っているんですよー。
うちの夫は先日紹介した"The Bunny Book"のうさだらけを見てひゃっひゃと楽しんでいました(笑)
うさぎの絵本なら開く顔のいかついおっさんです(笑)
【2006/11/20 19:07】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/838-e7a56367
愛をみつけたうさぎ
愛をみつけたうさぎ―エドワード・テュレインの奇跡の旅ケイト ディカミロ Kate DiCamillo Bagram Ibatoulline ポプラ社 2006-10by G-Tools図書館の児童書の新刊コーナーでふと目に止まった一冊の本。それがこの「 すいかちゃん英語やり直し日記【2006/12/08 22:40】
| ホーム |

calender

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

monthly

category

links

material