スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Poppleton in Fall


ISBN:0590847945 YL1.3 830words

秋は物悲しきかな。
渡り鳥の季節になり、その様子を見ているPoppletonは何
ともいえない寂しさを感じる。
"The Geese"""The Coat""Pancake Breakfast"の三編。

物悲しいよね。
とくに冷たい雨の秋、冬なんて家への道も足早になります。
そんな秋があり、冬があるからこそ、春が楽しみになるの
です。

なんて、しんみりなお話じゃないのがPoppleton。

コートが小さくなったので、買いに行くけど・・・。
パンケーキを食べに一張羅を着て行ってみたけど・・・。

クスクス笑いを誘い、最後はフフフと暖かい笑いで終わる
のがPoppletonの面白さ。
そして今回は、いつも気になるPoppletonの下半身がさら
に気になる挿絵がずらり。
どうして、ズボンをはかないのだろう。いつもスースーして
見える絵も秋なので一層、寒々しく見えます(笑)

只今、北森鴻の蓮丈那智フィールドファイルシリーズにハマ
っておりまして、図書館で借りた4冊を読んでいます。
日本書紀の一説などが引用されていますが、これがまた面白
い。確かにやさしい日本語ではありませんが、自分が興味を
持って色々な本を読んでいる間にあまり抵抗感なく読めるよ
うになりました。これは多読と同じ感覚です。
いや、日本語で実際に体験しているから、多読も同じではな
いのかと想像できていました。だから飛びついたのです(笑)
私達、日本人は文章の中の漢字が持つ意味に矢印を出しても
らっている部分が大きいですね。
同時にその意味が一つではないこと、時代を経るごとに意味
が変わってくることもあり、人間に繋がっていることがこの
シリーズにハマっている理由です。
伝承、侮れません。
「雫の和書」でそのうちに一気にアップしたいと思います。


応援してくださいと言いづらい内容です(笑)
人気Blogランキング

【2006/11/20 19:03】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<Stellaluna | ホーム | The Miraculous Journey of Edward Tulane>>
comments
--気になる…--
ハイ、Poppletonノーパンウォッチャーです。←ヘンタイ。
さらに気になる、とはどういうことなんですか!? 気になる気になる(>_<)
でもPoppletonさん、たま~に、オーバーオールとか着て
すっぽんぽんじゃないこともありますよね。
これからも目が離せません(笑)。
【2006/11/20 21:04】 URL | ちゃか #C/gK47JU[ 編集] |
--ちゃかさんへ--
こんばんは(*´∇`*)
ノーパンウォッチャーにはたまらん一冊です(笑)
色々な格好をしてくれてますよ~。秋なのに寒くないか?と思うほど感情移入している私って!
あ、何かをはいているPoppletonは貴重ですよね!
【2006/11/21 17:29】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--Dropは、bl--
Dropは、blogされた。
ここで雫でblogしたの?
【2006/11/22 12:43】 URL | BlogPetのDrop #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/840-d5daa9af
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。