スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Kite Runner


ISBN:1594480001 YL7.8 106,895words

AfghanistanのKabulで実業家の父Babaと裕福な生活を送る
Amir。女性のいないこの家で召使として働いているAliは
身分こそ違えど、Babaと幼い頃から兄弟のように育ってき
た。そのAliの息子HassanはAmirの一つ年下で父親の仕事
の手伝いをしながら学校から帰ってきたAmirと遊ぶことを
楽しみにしていた。何よりもAmirに物語を読んでもらうこ
とを。
Babaの友人、Rahim KhanはAmirの良き理解者であり年上
の友人として暖かく見守ってくれている。
月日は流れ、2001年。
AmirはRahim Khanから電話を受け取る。
とにかく。

読んでみて!

で済ませたい・・・。

ネタバレせずにこの本の素晴らしさを伝えるほどの日本語
力がない雫です。

2001年、Amirは父Babaの友人Rahim Khanからの電話から
Amirの回想という形で物語は始まります。
現在と回想を混ぜながら物語は進みますが、時間軸を気に
するほどではありません。
この点は"Walk Two Moons"の方がとーっても難しい(笑)
1/3までを読んだ後に物語はどんどん進み、土曜日で残りの
2/3を読了してしまいました。
今年ベスト1の作品になったな。

情景描写、人物描写、物語の重厚さ、どれもクオリティは
高いです。それイコール英語の難しさではありません。
じゃあ、ハリポタより難しいのか?
いやいやこれが本は人の好みが左右するところでして。
ファンタジーが好きだけど、ノンフィクションものは苦手
だという人は"The Kite Runner"が難しく感じるでしょう。
ファンタジーや子供向けのものは苦手だけど、ミステリや
ノンフィクションものや政治経済に興味のある方はハリポ
タよりもやさしく感じると思います。
素晴らしい本は十分に読者をひきつけ、引っ張ってくれる
力がありますが、10万語を読める自分の読書リズムを作る
ことと「読みたい」という愛が必要です。

主人公Amirの臆病さや後悔と自責の念は物語の柱になって
いますが、それだけではないのがこの物語の面白さ。
Hassanは「なぜ」。Aliは「なぜ」。Babaは「なぜ」。
そしてRahim Kahnはなぜ電話をAmirによこしたのか。
疑問を抱きつつ、読者は話が真実に近づき衝撃を受けるで
しょう。そして衝撃が終わったと思ったところで、突き放
すかのように更なる衝撃が。
登場人物それぞれの心のひだに迫っているこの壮大な物語
に対して読者はそれぞれ違った場面や人物に印象を受ける
でしょう。

自分の読んだ本がどれだけ面白く、印象的だったかという
ことを書いているつもりですが、あまり人に「読んでみて
ほしい」とは言ってないつもりです。(ですよね・・・)
でもこの本に興味がある人はいつか開いてみて欲しいです。

ぁあ、これが精一杯。
多読当時にやってましたが、お勧め度は★★★★★+∞。

<追記>

年末のホームセンターに行こうと思ったら車のバッテリー
がいかれてた・・・。えぇ、交換しましたよ。
そんな日曜日、昨日からずっと"The Kite Runner"のこと
を考えていました。

死と生、人の心のありよう。絶望と希望、優しさと傲慢。
人間が人間である姿そのままがこの本にはたくさん詰まっ
ています。読んでいるその短い時間の中で共感し、反発し
笑い、泣き、自分が人であるあらゆる感情を引き出してく
れた物語でした。
うん、こういう感想が最初から言いたかった・・・。


やさしい本からたくさん読んで、もっとたくさんの本に
出会う。そんなことが嬉しい私です(*´∇`*)
今日も応援、ヨロシクお願いします!
人気Blogランキング


【2006/12/10 10:35】 ペーパーバック | トラックバック(1) | コメント(5) |
<<ぼちぼちと。 | ホーム | まったり読書>>
comments
--ドキドキ!--
雫さん、こんばんはー^^

最近、皆さんが読まれている本は涙腺がぐしゃぐしゃになりそうなステキな物語が多いですねー。
読みたい!
この本って小さな男の子が後姿の表紙バージョンもありますか??
その表紙がすごくインパクトがあってずーっと頭の中にこびりついているのですが、違う本かなあ・・・。

今年のベスト1と雫さんに評価されるこの本、気になるので。
そっとウィッシュリストの奥底へ(笑)
【2006/12/10 22:53】 URL | マリコ #-[ 編集] |
----
私も今年のはじめにこの本を読んで、電車のなかで隣の人に泣いているところを見られないようにするのに苦労しました。本を紹介するときは、そのよさを伝える難しさを感じますが、とりわけ非常に心を動かされた本の素晴らしさを伝えるのは、難しいですね。いつも自分の言葉の足りなさをかんじます。ほんと、「ぜひ読んで!」それだけですよね。今年ももうすぐ終わりで、今年ベスト1の作品に出会えたとのこと。来年も、素晴らしい本に出会えそうな予感ですね♪
【2006/12/11 01:17】 URL | michi #-[ 編集] |
--良い本に巡り会えました--
読了おめでとうございます。
良い本に巡り会えたと思います。人との出会いと同じで本との巡り会いも、良い本に出会った時はとても嬉しくて、一生心に残るものとなります。
これからも良い本に巡り会いたいと思っています。
私もトラックバックさせていただきました。よろしくね♪
【2006/12/11 10:36】 URL | リウマチばあちゃん #-[ 編集] |
--読みたい!!--
雫さんをはじめ、私が信じている本を見る目を持つ方たちがここまで勧めている本!ますます読みたくなってきました。その機会が来たときは、大切に、覚悟して読みたいと思います。(*^^*)雫さんの素晴らしい記事に感動しました。
【2006/12/11 11:05】 URL | niko #-[ 編集] |
--こんばんは(*´∇`*)--
☆彡マリコさんへ
そうなんですよね!皆さん、とても素敵な本を読まれていてチェックに忙しいですよねー。
"The Kite Runner"は私の読んだKabulの街の表紙と男の子の後ろ姿の表紙があります。男の子の方がPBサイズなので携帯にはお勧めです。
この物語はとても印象に残りました。今年、いえ多読を始めてナンバーワンかもしれません。
いつか読んでみてくださいね♪

☆彡michiさんへ
もう大変でした。夫は読みながら泣いている私を見て驚いていました。あるところでは本当においおい泣くし、あるところではくうううと泣いてしまうし、それでも先が知りたくて目を酷使してしまいました。
そして感想がなかなか書けずに今度は頭を酷使しましたが、なんともみっともない記事で恥ずかしいです。
二年足らずで良くここまで読めるようになったもんだと自分に驚いています。来年もどんどん素敵な本と出会いたいです。

☆彡リウマチばあちゃんさんへ
私の周囲では読書好きな人がなかなかいません。なので素晴らしい本と出会う喜びを分かち合えるのはこのBlogになっています。今日は次の本とすぐに気持ちを切り替えられなくて、途中まで読んでいた児童書の続きを読んでいますが気分はまだ"The Kite Runner"に残っています。TBありがとうございました!

☆彡nikoさんへ
nikoさんがもっと深く物語を読みたいとおっしゃってたでしょう。この物語、自然とそうなるようになっていると思います。一気で読んでしまいましたが、集中力はものすごいものでした(笑)そうさせる素晴らしい本です。もし読まれたらnikoさんの感想が楽しみです♪
【2006/12/11 18:05】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/862-c285d3a3
The Kite Runner
アフガニスタンを舞台にしたこの本を読んだのは1年前、イラク戦争が泥沼化し、イラクの抵抗に習うかのごとくアフガニスタンでもゲリラ活動が復活し始めた頃でした。 50からの英語・洋書!!リウマチばあちゃんと英語【2006/12/11 10:40】
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。