スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
年末の外出
多くの人がお正月休みに入っているせいか、東京はいつ
もよりも人が少ないようです。
ということで、映画を見に行ってきました。

"007 CASINO LOYAL"
原作はこちら。


ギリギリに行って、見れるというのは他の映画に人が集
まっていることもありますが、絶対的な人数の少なさは
やっぱり年末だからでしょう。
それでも全席指定で満席になりました。

今回のジェームズ・ボンド、私は一番好きです。
だって、毛が全体的に濃いくないし。←そこか。
"00"がついたばかりの青々しいジェームズ・ボンドを
演ずるのはボンド役初出演のダニエル・クレイグ。
配役のフレッシュさと若きジェームズが見事にマッチし
ていました。最近のシリーズと比べても古典的アクショ
ンで近未来的アイテムはあまり出てきません。
その点も良かったです。
あまりにハイテクだと笑える映画になってしまう・・・。
上映時間が長い映画でしたが、内容も面白かったし、
ゆったりシートだったので楽ちんでした。
たまにしか行けない映画ですが、やっぱりスクリーン
で見る映画は良いです!


有楽町から丸の内の丸善まで歩きましたが、南国でなまっ
た体には気温8度が辛くて顔が痛くてヒリヒリ。
着いたときはホッとしました。
洋書のコーナーは4Fでした。
maruzen

全体的に数は多いし、フランス語も今までの書店で一番
充実しています。専門書も私には関係ないけど多いです。
空間の雰囲気はとても良いです。
でも欲しい本は置いていなかった!
どれだけ全体的な数が多くてもこれは仕方ないですねー。

書店で洋書を買うのは確かにコストはかかります。
でもたまーにでも買っておかないと洋書コーナーが廃れ
ていきそうで怖いです(笑)
私一人の力で何ともならないと分かっていながら気の持
ちようということで。

ハリポタ、あともう少しで読了の私に愛のポチを!
人気Blogランキング
【2006/12/30 05:59】 Diary | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<新しい本。 | ホーム | 2006年 心に残った洋書たち>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/878-ff2ff864
| ホーム |

calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。