スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ひとりごと。
ええ年してますが子供向けの本、児童書をを読み始めて
からもうすぐ二年が経ちます。
子供の頃から読んできたたくさんの本の中で多読を始め
て原書で読めた本もあり、そして知らなかった素晴らし
い本にもたくさん出会いました。
やさしい本を読むことは劣ることなのか?
子供の本を読むことは恥ずかしいことなのか?
難しい本を読めば賢いということなのか?
すみません。
ちょっと

イラッ

としています。

児童書は子供の心情に思い当たることもありますが、
大人の立場で色々と考えることもあります。
なぜ、この本が子供達から支持を得ているのか。
なぜ、こういうテーマのものを作者は手がけること
にしたのか、一体、何を描きたいのか。
子供向けだけだからというだけでナメてかかるのは愚
かです。
児童書は大人の煩悩だらけのサスペンスやミステリよ
りも難しいことが多いし、実際にここで記事を書くの
も苦労するのは児童書で、悲しいかな自分の大人加減
が悔しくなることがあります。
子供は大人より複雑です。

多分、児童書を面白かった!と思う人はこういうしょ
うもないことをグダグダ考えずにサクっと意識もせず
にしているナイスな人たちです。

本を仕方なしに読むぐらいなら、違うことに時間を使
った方がマシです。
読書じゃなくても人生を仕方ないと送ることは悲しい。
恥ずることなら、やらなければ良い。
(パンツマンをカバーつけずに電車で読むとかって
話じゃないよー)

久々にちょっとキレてます(笑)
【2007/01/22 19:06】 Diary | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<こんどは犬。 | ホーム | a Dance of Sisters>>
comments
----
こんばんは。
私は仕事でよく児童書(翻訳)を読むので,あまり多読では読まないようにしていますが,子供の理解できる語彙内で物語を書くというのは大変なことだと常々感じています。
勿論子供だましの「何だこれ」というものもありますが,優れた児童書は本当にたくさんあります。雫さんが書かれているように大人の煩悩にまみれた本よりもずっと深いです。

言葉が易しいからといって内容まで易しいとはいえません。むしろ,大切なことを小難しい気取った言葉を使わずにシンプルに書く。これってすごいことだなあと。。要はそこを読みきれるかどうかの問題じゃないですかね。

>本を仕方なしに読むぐらいなら、違うことに時間を使った方がマシです。読書じゃなくても人生を仕方ないと送ることは悲しい。恥ずることなら、やらなければ良い。

何があったのか,わかりませんが同感です。
【2007/01/22 19:44】 URL | 由良 #-[ 編集] |
--iいつもお世話になっています--
雫さんにはいろいろな本を紹介して頂いて、ほんとうにありがたいと思っています。雫さんがご紹介下さった本からたどって別のすてきな本に巡り会えたりして。。。

元々私はミヒャエルエンデとか、翻訳物で児童書を大人になってから読んでいたこともあり、英語でも児童書を楽しく読んでいます。

だから大人が児童書を読むことがなぜ恥ずべきことなのか私にもさっぱり意味がわかりません。
【2007/01/22 23:48】 URL | serena #-[ 編集] |
----
雫さん
児童書を読んでいることについて、何か心無いことを言われたのでしょうか?児童書は、たしかに語彙がすくない子どものために、わかりやすく易しい言葉で、子どもが愉しめることについて書かれていますが、決して手抜きで書かれているわけじゃないですよね。むしろ大人の本よりも、気を配ってかかれているかもしれないし。

イギリスで好きな本のランキングでは、そのうちの何冊かは、Winnie-the-Poohだったり、Roald Dahlだったりします。最近読んだ中では、もとはフランスの児童書ですがNicholasが面白かった!

個人的には、たくさん本(難しい本)を読んでいるからといって、かならずしも、魅力的な人間になれるとは限らないと思っています。本をたくさん読んでいたって、イヤミな人はたくさんいますしねえ。どれだけたくさんの難しい本を読んでいるか(賢い自分)を、人にみせたいらしい。

本当は、「好き」で、「たのしく」読んで、「どんなに風にその本を読んだか」が大切なのにね。
【2007/01/23 01:48】 URL | michi #-[ 編集] |
----
雫さん、こんにちわ。

どんな本に対しても人それぞれ好き嫌いはあって
当然だとは思います。
自分が好きだと思ったら読めばいいし、ちょっと
抵抗があったら読まなくたっていいし。
いつも思うんだけど、ジャンルなんてただの指標
に過ぎないのでは?
絵本は絵がいっぱいの本、児童書は児童が読む本、
とかっていう考え方が(私にとっては)変だと思う。

私にとっては本はすべて本という括りしかないから
分類して差別するのは悲しいです。
【2007/01/23 10:58】 URL | 石榴 #LmMdU2V.[ 編集] |
----
雫さん、こんにちは♪

大人になってから読む児童書、絵本は
また別の味わいがあると私は思っています^^

子供は子供の時の素直な感覚で、
大人はそれまでの経験を通しての
感じ方があるので、以前読んだ本でも
その時その時で楽しめますものね^^

児童書や絵本を侮る無かれ。

そのよさがわからない人は
もったいないなぁ~。

もしどなたかに何か言われたとしても
価値観の違いです。
ほっときましょう^^
(ほっとけないからイラッとしてる!?(笑))
【2007/01/23 11:32】 URL | すいかちゃん #-[ 編集] |
----
雫さん、本の好みは人それぞれ、どんな本を読もうと楽しめればOKですよ。
もし何か心ないことを言われたのなら、「気にしな~い」で行きましょうよ。

絵本って読んでいて楽しいですよね。おばあちゃんになってから、今度はどんな本を孫に買ってあげようか、と絵本コーナーに行くのが楽しみです。
そして孫と一緒に読むのはもっと楽しい!!

おばあちゃん全開になってしまってごめんなさい。

絵本、児童書、もっともっと楽しみましょう!!
【2007/01/23 12:24】 URL | リウマチばあちゃん #-[ 編集] |
----
こんにちは、ミグです。


自称児童書苦手派のミグですが、タドキスト大会に出展したSTAR WARS本はPBと事典以外は全て児童書です!児童書のSTAR WARSが読めればシナリオも読めます!ハリポタだって児童書です!最近、E.B White の作品を読みましたが、アメリカの児童文学の名作で小学校の授業で取り上げられる作品だけあって、人と自然の関わりや人間社会の身勝手さを考えさせられたり、ミグのような煩悩だらけのナイスでない(?)大人(笑)にも新しい発見に満ちています!


かつてミグの知り合いにゴ〇ブックスなどの評論しか読まない変わり者がいましたが、つまらん奴でした。まあ、ミグも偏った和書読書ですが…


児童書が価値がないとすれば、ハリポタもナルニアもSTAR WARSもきっと日本のアニメや特撮もその人にとっては無価値なのでしょう!

その人はかわいそうだな~と思います。文化の価値がわからないのですから


では

【2007/01/23 16:57】 URL | ミグ #-[ 編集] |
--みなさん、ありがとうございます。--
皆さん、レスしづらい記事に返信をいただいてありがとうございます。Blogなので詳しい経緯を全て書くことはできませんでした。

☆彡由良さんへ
どんな本であれ由良さんのおっしゃる通り、どう読みきるかが大切だと思います。子供向けの本をどう思うかは人それぞれですが、読みもしない人から言われると嫌な気持ちになります。
仕方なく読み始めて色々な感想を持っている人なら別に良いのですが、何もしないうちからあーだこーだ言う人にはたまりませんでした(^_^;)

☆彡serenaさんへ
なぜ児童書を読むことが恥ずかしいのか・・・その人は自分の英語にある程度の自信があるようですが洋書は殆ど読んでいません。そこが少し恥ずかしいのかもしれません。そしてスタートが大人の難しい本ではないことも恥ずかしいようです。自分のことだけ恥ずかしいと思うのは勝手ですが、児童書を読んでいる大人(私のような人)もひっくるめられるとたまったものではありません(^_^;)
読んでもいない人と話にはならないので私にもストレスがあったのです。イラっとしてちと反省です。

☆彡michiさんへ
簡単な言葉だからスルーしても良いなんてわけ、ないですよね。そうやっていえるのも実際に色々な本を読んだ人だから言えることだと思います。
読みもせず、一方的に決め付けて恥ずかしいと言うのは、実際に読んでいる人に対して失礼な気もしました。
この本は面白かった、私はつまらなかった、そんな話なら良いのですが・・・。

☆彡石榴さんへ
本を利便上ジャンル分けしていても、私もこのBlogに遊びに来られる方も拘りなくたくさんの本を楽しんでらっしゃいます。それを理解してくれーとも思っていないのですが、恥ずかしくて嫌だけど、まぁやってやると思っていることまで言わなくても良いではないかと思ってしまいました。そう思ったけど、違った・その通りだったという話なら分かるんですけどねぇ。

☆彡すいかさんへ
子供の頃に読んだ本、大人になったら違う目線で新鮮な感想もありますよね。難しい本は語彙とか文法とかそういうものだけではないと思います。子供の頃から育った場所の文化も影響しています。それを体験しながら皆さん、色々な本を読んでいるわけです。やらずにあれこれ言うことは簡単ですよね。イラっとしたのはどっちゃでもええけど、あれこれ理屈を言っても結局何もしない人だからなんです(笑)

☆彡リウマチばあちゃんさんへ
私に対してだけあれこれ言うのは、今までで慣れているのでスルーできるのですが、今回は違ったので怒ってしまいました。
私も甥と姪がいて自分も多読で絵本を読み出してから素晴らしい絵本にたくさん出会いました。絵本を探す楽しみも増えました。
怒っていても、自分はいつもの通り電車で読書をして駅まであっという間でした。それが一番ですよね!

☆彡ミグさんへ
自分が本によって楽しい時間を過ごすことが一番!日本語ではもちろんのこと、英語でさらに楽しみが広がっている皆さん。
そのエネルギー、いつも私は貰っています。私も煩悩だらけで大人の本大好きですが(笑)
何もしない人が批評するほど説得力がなく無駄だということに気づいてくれたらなーと思ってます。
【2007/01/23 17:04】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
--怒ることは必要ですね!--
雫さん、こんにちは。
色んな方の意見がとても参考になりました。
結論は皆さんと同じで好きな本を好きなように読もうということです。
今月から英会話教室に通うようになって改めて絵本(児童書)の素晴らしさを実感しています。
私だけかもしれませんが、"trip"って単語の意味は当然知っているつもりでした。
でも学校で習わなかった意味がたくさんあるんですね。
絵本(レベル0とか1とか)では当然のように頻繁に出てきます。
例えばパソコンの使い方を説明するのに、難しい専門用語を羅列しても、
初心者には理解出来ないことが多いですよね。
児童書は平易な言い回しで同じことを表現するので
技術的にはかなり難しいことだと思います。

時として怒ることはエネルギー発散になっていいと思います。
これからも、Happy Reading!
雫さんを応援しています!
【2007/01/28 15:30】 URL | takuaki #YG9ONXHE[ 編集] |
--takuakiさんへ--
おはようございます(*´∇`*)
とにかく、まずは手に取ってほしいなぁと思います。思い込みで手に取らないまま、評価するのは「批判」にも近くなってくる気がします。
英会話に通うと児童書や絵本での言葉がひょっこり出てくることが多いですよね。とくにレベル0や1は本当に大切な基本なんだなぁと思いました。
昨日はNHKのブックレビューで柳田邦雄の「大人が絵本に涙するとき」という本が紹介されていました。さっそく図書館に予約しました。絵本は人生に大切なことをやさしい言葉で伝えてくれている本だと思います。絵本が80冊も紹介されているらしいので楽しみです♪
あまり愚痴や怒りを記事にしたくないのに、黙ってられない私でした~(^_^;)
応援、ありがとうございます!
【2007/01/29 06:03】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/902-10e635e6
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。