スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「大人が絵本に涙する時」から
柳田邦男さんの「大人が絵本に涙する時」という本を読み
ました。記事は和書なのでこちらにUPしています。


柳田邦男さんがある絵本を邦訳するときのことを紹介して
います。


原書名"Vieil Elephant"、英語訳はAmazon.comでヒット
しませんでした。フラ語版画像だけ(^_^;)
ehon

仲良しのねずみくんとゾウさん。老いてゆき命が尽きそ
うなゾウさんは亡くなったゾウの国へのつり橋を渡ると
きにゾウさんが振り向いてねずみくんに言います。
"I'm not scared.I know it will be fine!"
柳田さんはこのfineを訳すのに1ヶ月かかったそうです。
いったい、なにがfineだったのか・・・即物的なことだけで
はないはずで、そこに込められた言葉を日本語訳する
ことに苦労されたそうです。

洋書をやさしいものから読み始めて、その言葉から物語
を読み取ることができる楽しさと共に、その物語の世界観
を訳すことは難しく、単語レベルで英語と日本語が決して
イコールにならないことを知っています。
決してイコールにならないブレを解消する作業は原文で読
む大切さと国語の大切さと想像力など様々な力を必要とす
ることを改めて感じました。
伝えることに懸命になればなるほど、訳すことは難しく感
じることでしょう。

子供のころからあたりまえのように海外の本を読んできま
したが、今になって訳者という職業に畏怖の念を抱きます。
自分が読んだ洋書がどんな日本語になって紹介されている
のか、最近気になることが多いです。

ポチっと応援、ありがとうございます!
人気Blogランキング

【2007/02/11 08:09】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Inside Laura's Little Houseだけど | ホーム | Maria Von Trapp>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/913-1acd1b73
| ホーム |

calender

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。