スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Royal Ballet School Diaries 2 ~Lara's Leap of Faith~


ISBN:0448435365 YL4.0~4.5 

Ellieは憧れのThe Royal Ballet School's Lower School
に入学する日を迎えた。今までの母親Amyと二人暮らしの
生活からバレエ学校の寮生活をスタートさせるのだ。
そこには各地、他国からも優秀なバレエダンサーの卵が集
まってきていた。同室のメンバーも個性豊かでAmyの新し
い生活が始まる予定だったがその中に最終オーディション
で出会った少女がいた。
新しいEllieの生活は読者の興味を十分満たすものでした。
Chestnut Hillではサブタイトルの名前の少女が語り手にな
りますが、このシリーズはEllieがずっと語り手のようで、
随分読みやすいです。

バレエ学校での新生活と母親との別れ、シカゴやオックス
フォードの旧友たちとの距離。読んでいると「今を生きる
Ellie」を体感できます。
自分の新しい生活が変化するように懐かしいと思ったもの
も変化していくことへの寂しさを感じるEllieです。
そんなとき、バレエ団のクリスマス公演「くるみ割り人形」
にEllieたちも出演できる機会がやってきます。
しかし、選ばれる人数はごく僅か。
舞台へ上がり、中央に立つまでの競争が静かに始まって
いるのです!

バレエは努力だけではなく、身体がバレエ向きであるかも
重要視されます。類稀なバレエ向きのプロポーションを持
っているだけで有利なのです。
とは言え、それで諦めては日本人ダンサーはどうする?
弱点を克服し、自分の持ち味をより磨くたゆまぬ努力が舞
台で発揮される・・・これもまたバレエの魅力です。

主人公Ellieは気立ての良い少女です。
努力も惜しみません。"I can do it!"で頑張る少女です。
Ellieのバレエ生活は前途洋洋、未来は明るい!と見えた
時にふと考えました。
何もかも恵まれているだけなら、この物語は面白いのだろ
うか?恵まれているものを努力により磨き、ステージへ近
づく努力には相当なものです。それを何気にこの本は凄い
シビアな生活を描いているんだと気づきました。
全てその凄さを上回るバレエへの情熱がこの少女、少年
達にはあるのかと思うと、尊敬してなりません。

この物語、多くの少女が描かれている中、少年達もいます。
The Royal Ballet School。
このバレエ学校で少年と言えば即思い出すのがBilly
映画ではオーディションのシーンで学校も出てくるので
興味のある方はご覧あれ(*´∇`*)


The Royal Ballet。
その名前の持つプライドと歴史に興味のある方はこれ!



応援クリック、よろしくお願いします(*´∇`*)
人気Blogランキング
【2007/03/11 09:00】 児童書 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<The Royal Ballet School Diaries 3 ~ Isabelle's Perfect Performance~ | ホーム | The Royal Ballet School Diaries 1 ~Ellie's Chance to Dance~>>
comments
--う~ん、気になる--
バレエはあまり詳しくないのですが、これは読みやすそうなシリーズということで気になってます。図書館に翻訳本があるのを見て、つい手に取りそうになりました(^-^; 危ない危ない。せっかく読むなら原書で読まなくちゃ♪
ところで、ドイツ語の「Rose Hill」なんですが、どーも「Chestnut Hill」のドイツ語訳みたいですよ。何でこんなタイトルにしちゃったのかわかりませんけど。"Chestnut"がドイツ語じゃないから? と一瞬思いましたが "Hill"もドイツ語ではなさそうなんですよね…。登場する少女の名前も少し変わっているようだし、不思議です。
【2007/03/11 21:42】 URL | ちゃか #C/gK47JU[ 編集] |
--2巻も~--
雫さんこんばんは!
2巻もう読了されたのですね~(おお!?)
このペースだと8巻まで一気にですね^^
2巻まで書評登録はしたのですが、3巻以降読めていないのでできておりません;;バトンタッチをお願いしようかと思ったのですが、書評もダウンしてしまっているようですし、また復旧するのかな??

次の巻の報告も楽しみにしています♪
【2007/03/11 22:04】 URL | りあ #olKYQuew[ 編集] |
--おはようございます(*´∇`*)--
☆彡ちゃかさんへ
バレエが詳しくなくても寮に集まった個性的な少女の話はChestnut Hillと似通っています。
英語的にもやさしいので、良かったら読んでみて下さいね!日本語訳でしょ・・・。私も見かけて開きかけましたが、止めました(笑)ゾッとするような日本語だったらと思うと怖くて~。
Rose HillってChestnut Hillでしたか!全然違うやんか~(笑)タイトルだけなぜ、英語なの?と思っていたのですが不思議ですよねぇ。

☆彡りあさんへ
実は・・・今、5巻を読み始めました(爆)
全く歯止めの利かない私に自分でも苦笑いです。
この勢いで復活できたらなぁと思っていますが、どうなることやら~。書評がダウンしていて困っていますが、とりあえず全て27000語でカウントしています(笑)
復旧まで時間がかかりそうなので、今はこのままにしておこうと思います(^_^;)←数えろっちゅうねん。
【2007/03/12 09:01】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/936-85753f91
| ホーム |

calender

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。