スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
The Book Thief


ISBN:0375831002 YL7.0~7.5 127,160words(概算)

画像左:ハードカバー 二の腕シェイプアップに最適。
画像右:PB 良い子の皆さんはこちらにしましょう。

家族を失ったLiesel Memingerはミュンヘン郊外の夫婦、
養父Hans Hubermannと養母Rosaの元に引き取られる。
読み書きができない少女が手に持っていたものは拾った
一冊の本だった。

ナチスドイツ政権下のあるドイツ人家族を舞台にした
物語で主人公Lieselが9歳から物語りは始まります。
英語はYAものなので難しいものではありませんが物語
の設定上、読みにくさを感じる人もいるでしょう。

※ここからネタバレありなのでご注意を。
Hansは読み聞かせから始め、次第にLieselは読むことや書
くことができるようになる。
決して楽ではない生活の中で、Lieselは友人Rudyと色々な
ものを盗むが、とうとう家の仕事の得意先である市長の屋
敷から本を盗み出してしまう。

話は遡り、第一次世界大戦でHansは命を助けられる。
その恩人の息子MaxがHansを訪ねてきたのだ。ユダヤ人の
Maxを匿うことは大きなリスクだが、家族は彼を自宅の地下
に匿うことにする。
病で倒れたMaxのそばで本を読み聞かせるLieselとMaxは親
しくなっていく。
更に戦況が悪化しユダヤ人迫害も熾烈になる。このままMax
を匿い続けることは難しくなる。
そしてMaxも人々が空襲を避けるために避難している間に、
それまでLieselが伝えてくれていた外の風景、夜空の星を
眺めてしまったのだ。
限界が来ている。別れが近づいていたのだ。
Maxは姿を消す。

と、ここまであらすじをざっと書けるまでは良かったので
すが肝心な感想が難しかったのです。
何度も書き直していましたが、もう力尽きそうです。
メモのままでお見苦しいですが、ご容赦願います。


読み書きができないLieselはPapaがベッドの脇で本を読み
聞かせる時間を楽しみにしていた。
本と言葉で埋め尽くされた頁は彼女にとって幸せの場所だ。
だから彼女は本を読む。
自分が本に癒されたように、哀しみや恐怖に怯える人々に
彼女は本を読む。その力はMaxは病から命をとりとめ、空襲
に怯えた人々は静まり、戦地に息子を送り出した婦人は現実
からひと時、本の世界に没入できる。

本と言葉なくしてこの物語は成り立たない。
Lieselが本により生きる力を、喜びを得た一方でこの国で
は言葉を巧みに使い、多くの人々を悲劇へと導いた男がい
た。言葉は受け止める人間に委ねられているのだ。
良くも悪くも、それは自分の心に投影される。

第二次世界大戦下のドイツ国民。
ドイツに住む他民族ではない人々。ドイツ人でありながら
狂気の男に翻弄される国で生活する人々の姿を描いた作品
が他にあったかというと思い当たらない。
この物語はとても面白い視点からその当時のドイツを描い
ている。
この国の人々の姿は今、この世の中で、この時にもどこかで
争いに人生を左右されている人なのだ。

この物語の語り手と装丁。
最初から読んでいくと、少しずつ誰なのかがわかる。
俯瞰しているように物語が見える。この語り手は良い。
この物語には欠かせない。Lieselともう一人の主人公だ。
表紙のドミノを倒そうとしている手は彼なのか。
それともあの男なのだろうか。
ドミノはいったい何なのか。列を作っているドミノは町
を行列になって歩いていたユダヤ人なのか。
それとも戦争によって命を失った人々なのだろうか。
この男は何を成し遂げようとしたのだろうか。

また絶望感がLieselを襲う。
楽しかった本や言葉さえ、今ではそんな意味を持たない。
家族や友人、大切な人がいたからこそ輝いていたのだ。
辛い。"The Kite Runner"を読んでいたときと全く同じだ。
いつの間にか、物語の絶望感が自分の気持ちと重なって
しまいどうしようもなくなる。


何のこっちゃ、と思われても仕方がないほどあれこれ
まとまらないのです。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。
普通の人々の生活の中に起きることなので、楽しいこと
も面白いこともあります。それが少しずつ侵されていく
様子を静観している語り手がいることで、私は俯瞰図を
見ているような感じで読んでいました。

英語だけのことを言ったら、総語数も難しさもハリポタ
より読みやすいと思います。あとはこの本を、この時代
を読もうと思う気持によるでしょう。
読み終えてというよりも、記事をUPできそうでホッとし
ています。

ナチス政権下の話でもっとやさしい英語の児童書といえ
ばこちら。


表紙が怖いけど、内容はもっと恐ろしいです。
それでも読んで良かったと思う秀作です。

さて、この"The Book Thief"があまりにも重たいので
(内容ではなくて重量です)
通勤に持ち出したのが同じ第二次世界大戦下の物語。
舞台はアメリカです。


SSSのPBの掲示板でまつかわ1971さんがスレッドされ
ていて、私も読んでみようとポチっていました。

また読み返して少し修正するかもしれませんが、もう
かれこれ累計すると7時間以上かかっている記事なの
です。今までで一番苦労しました(・_・;)

今日も応援、ヨロシクお願いします!
人気Blogランキング
【2007/03/23 23:03】 ペーパーバック | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<焦るLittle House事情 | ホーム | リサとガスパール&ペネロペ展>>
comments
--分かります--
雫さんの気持ち、良く分かります。
何かに本当に感動した時って、それを言葉にするのはとても難しいものだと思います。
どんな言葉を使っても表しきれないように思えますよね。

でも、雫さんの書かれた感想、とても良く気持ちが伝わってきますよ。
nikoさんmichiさんそして雫さん、3人の感想を読んで私も断然この本が読みたくなりました。
早速チェックです♪
【2007/03/24 01:10】 URL | リウマチばあちゃん #aeh.Xfw2[ 編集] |
--リウマチばあちゃんさんへ--
おはようございます(*´∇`*)
いや、もう記事を書くのがとても難しい一冊で、とうとう根を
上げてしまいました。
言葉にすることはとても難しいです。一生懸命感じたことを表
現しようと思ってもなかなかまとまらなくて、次第に混乱して
はメモにまた色々と書き直してを繰り返して疲れました(笑)
でも一冊の本を読んでじっくり考える時間も読書の一部だと思
うので、この本は思いで深い一冊になりそうです。
リウマチばあちゃんさん、手に取ってみてください。
そして感想を聞かせてくださいませ。
nikoさんやmichiさんの読まれた本、私も読めて良かったーと
思いました!
【2007/03/24 08:09】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
私もこの本の感想を書くとき、なかなかまとまりませんでした。いろんなテーマがあって、どれに焦点をあてていいのか分からなかったように覚えています。でも、苦労して書いてみて、ほかの方が書かれた感想を読んでみると、なるほどと思わされます。雫さん、このエントリーを7時間もかけてかかれたんですね!そうやって、じっくりと本とむきあって書かれることによって、読書体験が自分の血肉となっていくのでしょうね。この本、読む人によって、いろんな問いかけがあると思います。ほかの方の感想もたのしみです。次はリウマチばあちゃん?
【2007/03/24 20:31】 URL | michi #-[ 編集] |
--michiさんへ--
うぅ・・・何度読んでもまとまっていない感想で恥ずかしいのですが、これ以上まとめようとしても何だか言いたいことが抜けて
いくようで、とうとう諦めました(笑)
文才のある人に憧れるから本を読むのか?と思うほど情けなかっ
たです(・_・;)
色々なことを考えてしまうし、それは人によって違うからこそ、
この本は面白いのだと思います。
多くの人に読んでもらいたい本です。もしかして映画化されたり
して・・・なんて思っています。
次はリウマチばあちゃんさん、お願いしたいですね!
【2007/03/25 09:19】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
----
雫さん、こんにちは。しばらく留守にしていて、こんなに遅いコメントで申し訳ありません…。

>言葉は受け止める人間に委ねられているのだ。
>良くも悪くも、それは自分の心に投影される。

深い真理をあらわしているなあ、と思いました。言葉を受け取る人間の気持ちが、それを輝かせたり、ねじまげたりしてしまっているんですね。「言霊」という呼び方がありますが、言葉の持つ力についても色々考えさせられる本だなあ、と雫さんの感想を読んで思いました。この記事をUPされるのに苦労されたとこのことですが、雫さんの「言霊」はまっすぐに入ってきて、とても感動しました。
【2007/03/31 06:05】 URL | niko #-[ 編集] |
--nikoさんへ--
こんばんは(*´∇`*)
コメントはいつでも大歓迎でっす♪
私も金曜日~日曜日まで和書を読むのに忙しくてPCを開かないままでした。
ヒトラーは言葉とその力を利用しながらも、その強さを知っていたから、自分に邪魔だと思う言葉や本を良しとしなかったのだと思います。
HansとLieselはその本の魅力、言葉の魅力を知っているにも関わらず、利用する者の心には「惑わされ」はしなかったのですよね。
色々なことを考えさせてくれる一冊でした。
で、まとまらなかったわけです(^_^;)少しでもうんうんと頷いてもらえるところがあったら嬉しいです!
【2007/04/02 20:04】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/947-0e949a3e
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。